千葉大、総額3億円規模の学生支援事業…コロナ対応

 千葉大学は2020年5月8日、新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴う収入の減少などにより学生生活に支障をきたしている学生を対象に、総額3億円規模の緊急学生支援事業を実施すると発表した。

教育・受験 大学生
千葉大学 緊急学生支援パッケージ(第1弾)
  • 千葉大学 緊急学生支援パッケージ(第1弾)
  • 千葉大学
 千葉大学は2020年5月8日、新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴う収入の減少などにより学生生活に支障をきたしている学生を対象に、総額3億円規模の緊急学生支援事業を実施すると発表した。

 アルバイト収入の減少などにより生活に支障をきたしている学生には、5月下旬より10万円を支援し、状況次第では6月以降も月額5万円の継続支援を予定している。支援金は、無利子貸与(返還免除型併用)。対象となるのは、「日本学生支援機構給付型奨学金受給決定(第1~3区分)の学生」「アルバイトがなくなった、あるいは大幅に減収し、経済的な困窮状態にある学生」「仕送りなど、親(援助者)からの経済的援助が減少し、困窮状態にある学生」のいずれかに該当する者。

 家計急変のために収入が大きく減少し、修学継続が困難になった学生に対しては、10万円を給付する。家計急変のために授業料の支払いが困難になった学生が継続して修学できるように、授業料を免除する。

 日本学生支援機構給付型奨学金受給決定(第1~3区分)の学生には、メディア授業(オンライン授業)に対応可能な通信環境を整備できるように、モバイル型Wi-Fiルーターを無償貸与し、その通信費を千葉大学が負担する。

 アルバイト収入が減少した学生を支援するため、当該学生を千葉大学が雇用する。

 申請期間は5月11日~14日。詳細は、学生ポータルサイトに掲載されている要項で確認できる。

 千葉大学が実施する緊急学生支援事業は、「千葉大学SEEDS基金」をおもな財源として実施される。そのため、さらに充実した財政的下支えが必要だとし、「千葉大学SEEDS基金」への寄付をお願いしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)