高校入試、休校踏まえ出題範囲などに配慮を…文科省

 文部科学省は2020年5月13日、新型コロナウイルス感染症のために中学校が休校していることを踏まえて、2021年度(令和3年度)高校入試の実施において配慮するよう教育委員会などに通知した。出題範囲や内容などについて、適切な工夫をすることなどを求めている。

教育業界ニュース 文部科学省
文部科学省
  • 文部科学省
  • 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
 文部科学省は2020年5月13日、新型コロナウイルス感染症のために中学校が休校していることを踏まえて、2021年度(令和3年度)高校入試の実施において配慮するよう教育委員会などに通知した。出題範囲や内容などについて、適切な工夫をすることなどを求めている。

 「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」により、多くの中学校などで臨時休校が行われている。文部科学省は、事態の重要性、緊急性を踏まえ、高校入試を実施する教育委員会など(実施者)に対して、志願者が安心して受検に臨めるよう配慮することを要請した。

 また、実施者において適切な検討ができるよう、各地域の中学校の学習状況などについて、教育委員会や私立学校などの関係団体と中学校の間で、適宜情報共有や連携を図るよう求めている。

 2021年度高校入試においては、地域における中学校などの臨時休校の実施状況を踏まえて、出題範囲や内容、出題方法について、中学3年生の内容から出題する場合は適切な範囲や内容となるよう設定するなど、必要に応じて適切な工夫を講じるように求めた。

 スポーツ・文化関係の行事、大会の実績や、資格・検定試験などの成績を入試で評価する際には、志願者がこれらに参加できなかったことのみをもって不利益を被ることがないよう、参加することができたほかの行事などにおける実績・成績を評価するなどの措置を講じるよう要請。

 出席日数や学習評価の内容などの記載により不利益を被ることがないようにすること。諸活動の記録や指導上参考となる諸事項などを記載する欄を設けている場合には、記載が少ないことをもって志願者が不利益を被ることがないように求めた。

 中学校に対しては、進路指導をより一層丁寧に行い、志願先の入試内容をしっかりと伝えることで、受検生の不安払拭に努めるよう求めている。

 小学校や中学校の入試においても、休校を踏まえた配慮をすることが望ましいとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)