LINE entry、プログラミング初心者向けコンテンツ公開

 LINEは2020年5月28日、LINEみらい財団が提供する無償のプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」において、ゲーム感覚でプログラミングを学べる「ミッション」をリリースしたことを発表した。

教育ICT 小学生
LINE entry「ミッション」
  • LINE entry「ミッション」
  • LINE entry「ミッション」
 LINEは2020年5月28日、LINEみらい財団が提供する無償のプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」において、ゲーム感覚でプログラミングを学べる「ミッション」をリリースしたことを発表した。

 「LINE entry」は、無償のプログラミング学習プラットフォーム。「学習する」「作る」「共有する」「マイページ」の基本的な4つの機能により、子どもたちは楽しくプログラミングを学び続けることができる。

 この度リリースされた「ミッション」では、プログラミングを使ってキャラクターたちを動かして、初級・中級・上級それぞれ12ステージ、合計36ステージにチャレンジすることができる。直感的にブロックを組み立ててプログラムを作成できる「ビジュアルプログラミング」を採用しているほか、ステージごとのヘルプ機能もあり、プログラミング初心者の子どもでも気軽に遊ぶことができる。

 また、「LINE entry」に会員登録すれば、「ミッション」を途中で中断した場合でも、クリアしたステージの続きから再開することも可能。会員登録は、公式サイト右上に表示されている「会員登録」ボタンから行える。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)