【高校受験2021】在籍中学校で実施可能に…オンライン面接も

 文部科学省は2020年6月22日、令和3年度(2021年度)高等学校入学者選抜の実施にあたっての留意事項を教育委員会などへ通知した。新型コロナウイルス感染症対策として、入学志願者が在籍する中学校を試験会場として使用することなどの措置を講じるよう求めている。

教育・受験 中学生
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • 文部科学省
 文部科学省は2020年6月22日、令和3年度(2021年度)高等学校入学者選抜の実施にあたっての留意事項を教育委員会などへ通知した。新型コロナウイルス感染症対策として、入学志願者が在籍する中学校を試験会場として使用することや、オンラインでの面接試験などの措置を講じるよう求めている。

 2021年度高等学校入学者選抜を実施するにあたっては、新型コロナウイルスに対する感染症対策を講じ、追試験などによる受験機会を確保する必要があるとして、文部科学省は留意事項を取りまとめた。

 試験会場の感染症対策については、「3つの密の回避」「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」をはじめとした基本的な感染症対策が求められる。具体例として、「入学志願者が在籍する中学校等や、入学志願者の身近にある公共施設を試験会場として使用する」「試験会場への入退場の際、入口・出口で混雑が起きないよう、受検番号で入退場の時間をずらす」「入学志願者側も含め、ICT機器が円滑に使用できる環境にあるなど、条件が整っている場合には、オンラインで面接試験を行う」「合格発表は当該高等学校等のホームページに掲示する」などの対策をあげている。

 選抜実施日程は、例年と同様に実施して差し支えない。実施日程の決定にあたっては、追検査などによる受検機会の確保にも配慮したうえで、適切な日程となるよう要請している。地域のまん延状況が極めて深刻で実施が困難と判断される場合には、自治体の衛生主管部局と相談のうえ、試験の延期を検討することも考えられる。

 なお、小学校や中学校の入学者選抜の実施についても同様の措置を講じることを求めている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)