絵本「ARで遊べる!学べる!JAXAといっしょに月探査」専用アプリも

 ビービーメディアは2020年6月24日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)監修の絵本「ARで遊べる!学べる!JAXAといっしょに月探査」を発売した。価格は1,500円(税別)。無料の専用アプリもリリースしており、公式Webサイトからダウンロードできる。

教育ICT 小学生
絵本「ARで遊べる!学べる!JAXAといっしょに月探査」
  • 絵本「ARで遊べる!学べる!JAXAといっしょに月探査」
  • 利用イメージ
  • 本編一部紹介
  • 本編一部紹介
  • 本編一部紹介
 ビービーメディアは2020年6月24日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)監修の絵本「ARで遊べる!学べる!JAXAといっしょに月探査」を発売した。価格は1,500円(税別)。無料の専用アプリもリリースしており、公式Webサイトからダウンロードできる。

 NASAは2024年に有人月面着陸を目指す「アルテミス計画」を発表、月周回衛星「かぐや」からはじまったJAXAの月探査は「月面基地」に向け着々と計画を進めるなど、昨今月探査への注目が増している。

 JAXA監修の絵本「ARで遊べる!学べる!JAXAといっしょに月探査」は、日本の最前線の月面探査を最先端のAR技術で遊びながら学べる絵本。絵本とARの内容は、JAXA監修のもと2020年5月時点で最新の計画をもとに制作している。無料の専用アプリをダウンロードしたスマートフォンをかざすことで絵本から宇宙空間や探査マシンが飛び出し、月探査から未来の月面基地まで目の前の映像とともに学習を楽しく進める。

 絵本では、「かぐや」から「月面基地」までJAXAが描く月探査計画を全編3Dアニメとゲームで再現。アプリをスタートするとスマホ画面にJAXAの担当者がナビゲーターとして登場し、探査機を再現した3Dアニメーションとミニゲームで「かぐや」「SLIM」「ゲートウェイ」など実際の月探査計画をミッションごとに説明する。絵本を読み進めることで、ARで遊びながら探査のプロセスを学ぶことができ、月探査の総合的な理解を深めるとともに宇宙開発事業をより身近に感じることができる。

◆ARで遊べる!学べる!JAXAといっしょに月探査
発売日:2020年6月24日(水)
定価:1,500円(税別)、アプリは無料
対象:小学生以上
判型:170mm×170mm
ページ数:18ページ
電子版:なし
発行:ビービーメディア
取扱先:Amazon、宇宙の店で購入可能
AR対応機種:
【App Store】iPhone7以上、iOS12以上
【Google Play Store】Android 7.0以上、「ARCore」に対応した機種

《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)