コロナ禍の夏休み、約8割が親子での外出予定「減る」

 2020年の夏休みの親子の過ごし方について、約8割の母親が「親子で外出する予定が減り、範囲が狭まる」と回答していることが、ボーネルンドが2020年7月16日に発表した調査結果より明らかとなった。

生活・健康 保護者
新型コロナウイルスの影響で、2019年までと比べ、2020年の夏休みは子どもの遊ぶ機会が減少すると思うか
  • 新型コロナウイルスの影響で、2019年までと比べ、2020年の夏休みは子どもの遊ぶ機会が減少すると思うか
  • 新型コロナウイルスには配慮しつつ、2020年の夏休みにできるだけ子どもをのびのびと遊ばせてあげたいと思うか
  • 2019年までと比べ、2020年、夏休みに親子で予定を組んで出かける予定は減りそうか、増えそうか
  • 外出が「減ると思う」理由
  • 2019年までと比べ、2020年、夏休みに親子で外出する範囲(距離)に変化はありそうか
  • 2019年までと比べ、2020年の夏休み期間、子どもとの過ごし方に関する悩みはあるか
 2020年の夏休みの親子の過ごし方について、約8割の母親が「親子で外出する予定が減り、範囲が狭まる」と回答していることが、ボーネルンドが2020年7月16日に発表した調査結果より明らかとなった。

 夏休みの親子の過ごし方に関する意識調査は、幼稚園・保育園(年少)~小学校低学年(1・2年生)の子どもをもつ、20代~40代の母親を対象に実施したもの。7月9日から13日に調査を実施し、計755サンプルの有効回答を得た。

 新型コロナウイルスには配慮しつつ、2020年の夏休みにできるだけ子どもをのびのびと遊ばせてあげたいかという質問には、94.5%が「とてもそう思う」「そう思う」と回答。一方で、2019年までと比べ、2020年の夏休みは子どもの遊ぶ機会が減少すると思うかとの問いには、89.2%が「とてもそう思う」「そう思う」と回答した。また、親子で外出する範囲(距離)についても79.1%が「狭まると思う」と答えた。

 2019年までと比べ、2020年の夏休みに親子で予定を組んで出かける予定は減りそうか、増えそうかという質問には、77.3%が「減ると思う」と回答。その理由について複数回答で聞いたところ、もっとも多かった回答は「行ける施設や場所に制限があるから」70.4%。そのほか、「多くの人が集まる場所には行きたくないから」65.9%、「子どもの夏休みが短縮されるから」42.6%などが続いた。

 2019年までと比べ、2020年の夏休み期間、子どもとの過ごし方に関する悩みはあるか聞いたところ、「出かけられる施設や場所に制限がある」67.5%が最多。そのほか、「家で過ごす時間が多く、楽しみが限られそう」42.6%、「子どもに新しい経験をさせる機会が減りそう」38.8%などが続いた。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)