【夏休み2020】日本科学未来館、空間インスタレーション「ひらめきの庭」8/30まで

 日本科学未来館は、新型コロナウイルスと共に生きる時代の、広く安全な展示空間を生かした新しい科学館の楽しみ方を、シリーズとして提案。第1弾として、「散歩」をテーマにした空間インスタレーション「ひらめきの庭」を1階企画展示ゾーンで公開した。

教育イベント 小学生
空間インスタレーション「ひらめきの庭」
  • 空間インスタレーション「ひらめきの庭」
  • 空間インスタレーション「ひらめきの庭」
  • 空間インスタレーション「ひらめきの庭」/いきつぎの森:頭の中に「余白」をつくる
  • 空間インスタレーション「ひらめきの庭」/ささやきのベンチ:新しい「知」と出合う
  • 空間インスタレーション「ひらめきの庭」/はばたきの泉:水面に映る自分と向き合う
  • 空間インスタレーション「ひらめきの庭」/ときめきのピアノ:AIが奏でる音楽を聴き、自分も音楽で表現してみる
 日本科学未来館は、新型コロナウイルスと共に生きる時代の、広く安全な展示空間を生かした新しい科学館の楽しみ方をシリーズとして提案。第1弾として、2020年8月8日から8月30日の期間、「散歩」をテーマにした空間インスタレーション「ひらめきの庭」を1階企画展示ゾーンで公開した。

 緑豊かな演出空間に包まれて深呼吸すれば、頭も心もリフレッシュする「いきつぎの森」。科学者が残したひらめきの言葉と出合う「ささやきのベンチ」。水面に映る自分の姿と戯れる「はばたきの泉」。AI(人工知能)や人間による演奏を聴き、音楽を通して来場者が同じ体験を共有する「ときめきのピアノ」。これら4つのゾーンを自由に歩き回ることで、新しいひらめきを見つける散歩体験を楽しむことができる。

 未来館は感染拡大防止のため約3か月の臨時休館を経て、6月3日に再開館。「risk≠0」(リスクはゼロではない、だから)をスローガンに、新たな科学コミュニケーション活動を展開している。外出や対面のコミュニケーションが制限される一方、新しい感染症に関する大量の情報にさらされ、日々、大きなストレスを受けている来場者が、この少し変わった散歩空間で、失われた心の余裕を取り戻して、未来に思いをはせてほしいという思いがこめられている。

 入場には日時指定の事前予約が必要。入館料は大人630円、18歳以下210円。

◆空間インスタレーション「ひらめきの庭」
会期:2020年8月8日(土)~8月30日(日)
会場:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン ※混雑状況次第で入場を制限する場合がある
入場料:入館料のみ 大人630円(税込)/18歳以下210円(税込) ※入館は日時指定の事前予約制
《田口さとみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)