アプリ連動IoTハブラシ「はみがきのおけいこ」テスト販売

 ライオンは2020年9月9日より、市販のハブラシにつけるアタッチメントと専用のアプリがセットになったIoTハブラシ商品「クリニカKid’s はみがきのおけいこ」のテストマーケティング販売を「LOHACO(ロハコ)」を通じて開始する。8月25日からは先行予約受付中。

生活・健康 未就学児
クリニカKid’s はみがきのおけいこ
  • クリニカKid’s はみがきのおけいこ
  • 専用アプリ(イメージ)
  • 専用アプリ(イメージ)
  • クリニカKid’s はみがきのおけいこ
 ライオンは2020年9月9日より、市販のハブラシにつけるアタッチメントと専用のアプリがセットになったIoTハブラシ商品「クリニカKid’s はみがきのおけいこ」のテストマーケティング販売を、日用品ショッピングサイト「LOHACO(ロハコ)」を通じて開始する。8月25日からは先行予約販売受付中。

 「クリニカKid’s はみがきのおけいこ」は、ハブラシにアタッチメントをつけ専用のアプリを開いて連動するだけで、子どもが自主的にきちんとした歯みがきを続けることを可能にするIoT商品。アタッチメントは「クリニカKid’s ハブラシ3~5才用」限定で、幼児期の子どもの歯みがき習慣を親子で楽しく身に付けることを目的に開発された。

 アタッチメント本体には、小児歯科専門家の指導のもと、加速度センサーを内蔵し、みがく位置とみがく速度を計測するセンシング技術を搭載。子どもひとりひとりのブラッシングデータを蓄積する。専用アプリは、絵本研究家の助言のもと、「泥んこで汚れてしまった動物のキャラクターを歯みがきできれいにする」というストーリー展開の絵本型コンテンツになっており、子ども自身が歯みがきの大切さを理解し、やりがいや上達を実感することで自ら向上心を持つ設計となっている。

 これらを連動させて使用することで、上手に歯みがきができた場所をイラストで表示し点数で評価、子どもにもわかりやすく可視化することで、単なる楽しさだけではなく「きちんとした歯みがき」をする習慣を身に付けることができる。また、親は子どものみがき残し個所が一目でわかるため、重点的に仕上げみがきする場所がわかるというメリットもある。

 ライオンが行なった3か月間のモニター調査によると、約77%の子どもが飽きずに自発的に継続利用でき、歯垢除去力が約2倍になったという。価格はアタッチメント本体が1万1,000円。専用アプリは無料。App Store、Google Playで9月9日より無料ダウンロードできる。

◆クリニカKid’s はみがきのおけいこ
発売日:2020年9月9日(水)
先行予約:2020年8月25日(火)より受付
取扱先:LOHACO特設サイト
内容:アタッチメント1個、microUSBケーブル1本、クリニカKid’sハブラシ3~5才用(イエロー)1本、品質保証書付取扱説明書1部
価格:1万1,000円(税別)、専用アプリ無料
※専用アプリはApp Store、Google Playにて9月9日より無料ダウンロード可能
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)