TENTO、プログラミング学習用パソコン3モデル販売

 プログラミング教室を運営するTENTOは、プログラミング学習用パソコンの販売を開始した。TENTOが勧める性能のパソコンの中から学習内容別に「エントリー」「ベーシック」「エキスパート」の3モデルを用意。サポートプラン付きですぐに学習を始めることができる。

教育ICT 小学生
TENTOのおすすめするパソコン
  • TENTOのおすすめするパソコン
  • エントリーモデル・ノートパソコン(イメージ画像)
  • エントリーモデル・デスクトップパソコン(イメージ画像)
  • ベーシックモデル・ノートパソコン(イメージ画像)
  • エキスパートモデル・デスクトップパソコン(イメージ画像)
 オンライン・教室型のプログラミング教室を運営するTENTOは、プログラミング学習用パソコンの販売を開始した。TENTOが勧める性能のパソコンの中から学習内容別に「エントリーモデル」「ベーシックモデル」「エキスパートモデル」の3モデルを用意。サポートプラン付きですぐに学習を始めることができる。

 学習用パソコンの選定は、プログラミング学習の基盤といって良いほどとても重要なポイントだという。プログラミング学習に大人・子どもの区別は無く、学習に支障がでないようパソコンのスペックはある程度必要となる。加えて、オンライン授業では講師とリアルタイムにやりとりをしながら学習を進めるため、求められるパソコンのスペックはさらに高くなるという。

 ラインアップは、「エントリーモデル」「ベーシックモデル」「エキスパートモデル」の3モデル。上に行くほど高性能となるが、すべてのモデルでCPUのマルチコアとメモリーのサイズにこだわっている。エントリーモデルは、ノートパソコンとデスクトップパソコンの2タイプを用意。デスクトップにはモニターとキーボードが付属する。持ち運ぶならノートパソコン、今後メモリ増設など拡張を考えるならデスクトップパソコンがお勧めだという。

 中級者向けのベーシックモデルは、グラフィック機能が強化された大型ノートパソコン。Minecraft、Minecraft MOD開発、Unity、動画編集などの学習に適している。上級者向けのエキスパートモデルは、全体的に高性能なデスクトップパソコン。Blender、3Dモデリング/レンダリングなどのグラフィック処理、大規模なゲーム開発などの学習用途に適している。また、ZoomホストをしながらYoutubeLive配信をするなど、講師側の高度な情報発信にも十分対応するモデルとなっている。

 全モデルにマウス、ヘッドセット、Webカメラ(ノートパソコンは内蔵)が付属しており、すぐにオンラインでプログラミング学習が始められる。また、購入後すぐに使用できるようサポートプランをセット。各モデルに「通常サポート」「フルサポート」のいずれかのサポートプランを組み合わせて注文する。各モデルのスペックやサポートプランの内容など、詳細はTENTOのWebサイトにて確認できる。

◆TENTOプログラミング学習用パソコン
購入方法:TENTOのWebサイトから注文する
【エントリーモデル】
タイプ:ノートパソコン、デスクトップパソコン
価格帯:9万9,880円~11万1,980円(税・送料込み)
※パソコンのタイプとサポートプランによって金額が異なる
【ベーシックモデル】
タイプ:ノートパソコン
価格帯:16万4,780円~17万5,780円(税・送料込み)
【エキスパートモデル】
タイプ:デスクトップパソコン
価格帯:18万4,800円~19万5,800円(税・送料込み)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)