【台風14号】日本列島に接近、東日本へ上陸の恐れも

 強い台風14号が、日本に接近する可能性が高まっている。気象庁によると、台風14号は2020年10月8日に奄美地方に接近し、9日以降は西日本へ接近、10日以降は東日本に接近・上陸する恐れがある。西日本や東日本では、強い風や雨などに注意が必要だ。

生活・健康 その他
台風経路図
  • 台風経路図
  • 暴風域に入る確率
 強い台風14号が、日本に接近する可能性が高まっている。気象庁によると、台風14号は2020年10月8日に奄美地方に接近し、9日以降は西日本へ接近、10日以降は東日本に接近・上陸する恐れがある。西日本や東日本では、強い風や雨などに注意が必要だ。

 気象庁が10月8日午前5時18分に発表した台風情報によると、台風14号(チャンホン)は8日午前4時には南大東島の北東にあり、1時間におよそ20キロの速さで北西へ進んでいる。

 台風は今後、発達しながら進路を北よりに変え、8日は奄美地方、9日以降は西日本へ接近。その後、進路を次第に東よりに変え、10日以降は東日本に接近、上陸する恐れがある。台風の接近に伴い、9日にかけて奄美地方、西日本や東日本では非常に強い風が吹き、九州南部・奄美地方や四国地方では猛烈なしけになるという。

 西日本や東日本では、大気の状態が非常に不安定になるため、激しい雨の降る所がある見込み。予想される雨量は、9日午前6時までの24時間に多い所で、東海地方・関東甲信地方150ミリ、近畿地方120ミリ、四国地方100ミリ。その後、10日午前6時までの24時間に多い所で、東海地方300~400ミリ、四国地方・近畿地方200~300ミリ、関東甲信地方100~200ミリ。

 ウェザーニュースによると、今回の台風14号は上空の風の流れが比較的弱いため、予想される進行速度や進路を正確に予想するのが難しい状況にあるという。ウェザーニュースでは、世界各地の気象機関が計算したシミュレーションをもとに、代表的なシナリオとして「A:九州の南をゆっくりと北上し、本州南岸付近を北東進する」「B:四国の南を北上し、Aよりも内回りのコースを北東進する」という2つのシナリオを抽出。各シナリオを解説するとともに、8日から9日にかけて東よりに進行方向を変える「転向」の状況によって、もう少し予測が正確になってくるとしている。

 今後、最新の台風情報を確認し、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、竜巻などの激しい突風や落雷などに十分警戒、注意してほしい。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)