10分野の芸術公演に親しむ「都民芸術フェスティバル」1-3月

 東京都と東京都歴史文化財団が毎年開催する「都民芸術フェスティバル」が、2021年1月から3月にかけて開催される。舞台芸術や伝統芸能を身近に感じてもらえるよう、オーケストラ、オペラ、現代演劇、バレエ、伝統芸能など全10分野の公演を都内各所で手軽な料金で実施する。

趣味・娯楽 その他
2021都民芸術フェスティバル
  • 2021都民芸術フェスティバル
  • 2021都民芸術フェスティバル公演情報
  • 2021都民芸術フェスティバル参加公演一覧
 東京都と東京都歴史文化財団が毎年開催する「都民芸術フェスティバル」が、2021年1月から3月にかけて開催される。舞台芸術や伝統芸能を身近に感じてもらえるよう、オーケストラ、オペラ、現代演劇、バレエ、伝統芸能など全10分野の公演を都内各所で手軽な料金で実施する。各公演の詳細は公式Webサイトにて確認できる。

 「都民芸術フェスティバル」は、舞台芸術の創造活動や伝統芸能の継承・発展に寄与するため、東京都と東京都歴史文化財団が1968年度(昭和43年度)から毎年行っている取組み。都内におもな活動拠点を置く芸術文化団体の優れた公演に対し、都が費用の一部を負担することにより、都民にさまざまなジャンルの舞台芸術や伝統芸能に親しむ機会を提供している。

 53回目となる今回は、2021年1月から3月まで、オーケストラ、室内楽、オペラ、現代演劇、バレエ、日本舞踊、邦楽、能楽、民俗芸能、寄席芸能の全10分野にわたるさまざまな演目の公演を実施する。加えて、関連事業として子ども向け舞台芸術参加・体験プログラムも実施予定。詳細が決まり次第公式Webサイトに情報を掲載する。

 公演チケットは通常より購入しやすい価格で販売される。また、学生や障がいをもつ人には割引料金を設定。寄席芸能や民俗芸能は事前申込みで入場無料で楽しむことができる。

 都民芸術フェスティバルの各演目の詳細やチケット情報、購入・申込方法などは、公式Webサイトにて随時公開。すでにチケット販売が開始されている演目もある。

◆2021都民芸術フェスティバル
期間:2021年1月7日(木)~3月28日(日)
開催公演:オーケストラ、室内楽、オペラ、現代演劇、バレエ、日本舞踊、邦楽、能楽、民俗芸能、寄席芸能
開催場所:都内各所
購入・申込方法:都民芸術フェスティバル公式Webサイトにて確認
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)