書き損じはがき・切手を送って、難民の子どもに文房具を12/1-1/31

 AAR Japan(難民を助ける会)は、2020年12月1日より2021年1月31日までの期間、書き損じはがきや未使用切手を生かして、難民の子どもに鉛筆やノートを贈る「子どもたちに文房具を」キャンペーンを実施する。

生活・健康 保護者
「子どもたちに文房具を」キャンペーン(イメージ)
  • 「子どもたちに文房具を」キャンペーン(イメージ)
  • AAR Japan(難民を助ける会)
 AAR Japan(難民を助ける会)は、2020年12月1日より2021年1月31日までの期間、書き損じはがきや未使用切手を生かして、難民の子どもに鉛筆やノートを贈る「子どもたちに文房具を」キャンペーンを実施する。

 アフリカ中部のコンゴ民主共和国では、地下資源をめぐる紛争が1990年代から続き、死者は600万人超と言われている。多数の難民が周辺国に逃れ、隣接するウガンダ西部には約40万人が流入。AARが支援活動を行っている、チャングワリ難民居住地では、児童715人に教室が1つしかない小学校もあり、子どもたちは文房具もなく、1冊の教科書を何人かで一緒に使いながら勉強しているという。

 加えて、新型コロナウイルス感染はアフリカにも広がり、ウガンダでも社会生活や人道支援活動に影響が生じて、難民たちの暮らしはますます圧迫されている。

 この過酷な環境の中で生きる子どもたちの学びを支えるため、AARでは「子どもたちに文房具を」キャンペーンを実施。家庭にある書き損じはがき、引き出しにしまったままの未使用の切手をAARに送付すると、それが文房具に換えられて現地に届けられる。書き損じはがき10枚で、5人の子どもに鉛筆3本とノート2冊を支援することができる。

◆「子どもたちに文房具を」キャンペーン
期間:2020年12月1日(火)~2021年1月31日(日)
送るもの:書き損じはがき(未使用も可)、未使用の切手
送付先:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-12-2 ミズホビル7F AAR Japan 物品募集係 
※送料は自己負担
《森井ゆか》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top