高校通信制課程、面接指導の分散登校など…警戒強化を要請

緊急事態宣言を踏まえ、文部科学省は2021年1月14日、高等学校通信制課程の学習指導における留意事項について、全国の教育委員会などに通知を出した。面接指導への分散登校の導入など、感染症への警戒を強化し、あらためて感染症対策を確認・徹底するよう求めている。

教育業界ニュース 文部科学省
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 緊急事態宣言を踏まえ、文部科学省は2021年1月14日、高等学校通信制課程の学習指導における留意事項について、全国の教育委員会などに通知を出した。面接指導への分散登校の導入、集中スクーリングでの感染リスクの高い活動の一時的制限など、感染症への警戒を強化し、あらためて感染症対策を確認・徹底するよう求めている。

 新型コロナウイルス感染症対策のための臨時休業などに伴い登校できなかった生徒に対する高等学校通信制課程の学習指導については、2020年5月18日付で事務連絡「新型コロナウイルスの感染症対策のための臨時休業等に伴い学校に登校できなかった生徒に対する高等学校通信制課程の学習指導について」を発出している。今回、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されたことを踏まえ、留意事項や考え方を補足した。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top