中高生の85%が資格保有、英検「入試に役立てるため」

 栄光ゼミナールの調査で、取得している検定や資格があると回答した小学生は54.1%、中高生は85.2%だった。小学生は「漢検」、中高生は「英検」の取得者が多く、中高生の取得目的は「入試に役立てるため」がもっとも多かった。

教育・受験 高校生
子どもは、現在取得している検定や資格はありますか。
  • 子どもは、現在取得している検定や資格はありますか。
  • 子どもが取得している資格・検定の種類を教えてください。
  • 子どもが資格・検定を取得する目的を教えてください。
  • 子どもが資格・検定を取得していない理由を教えてください。
  • 今後、子どもが小学生~高校生の間に取得してほしい資格・検定の種類を教えてください。
  • 子どもの資格・検定取得について、新型コロナウイルスの影響はありましたか。
  • 新型コロナウイルスにより、どのような影響がありましたか。
 栄光ゼミナールの調査で、取得している検定や資格があると回答した小学生は54.1%、中高生は85.2%だった。小学生は「漢検」、中高生は「英検」の取得者が多く、中高生の取得目的は「入試に役立てるため」がもっとも多かった。

 小中高生の資格・検定取得に関する調査は2020年12月9日~12月23日、小学1年生~高校3年生の子どもを持つ栄光モニター会員(栄光ゼミナール・栄光の個別ビザビ・大学受験ナビオに通塾する保護者)753名を対象に、インターネットで行った。同調査は2019年に続き2回目となる。

 回答者である保護者に、子どもが現在取得している資格・検定があるかを聞いたところ、小学生保護者の54.1%、中高生保護者の85.2%が「ある」と回答した。2019年の調査と比べ、資格・検定があると回答した割合は、小学生保護者が0.3ポイント、中高生保護者は4.8ポイント増加した。

 子どもが取得している資格・検定の種類は、小学生では「日本漢字能力検定(漢検)」61.9%がもっとも多く、「日本英語検定(英検、英検Jr.)」34.3%が続いた。中高生では「英検」が最多で85.2%、ついで「漢検」56.6%だった。

 資格・検定を取得する目的は、小学生保護者では「学習や習い事で身につけた知識やスキルの定着度合いを測るため」63.8%がもっとも多く、「学習のモチベーション向上のため」39.5%が続く。

 中高生保護者では「入試に役立てるため」との理由が60.5%ともっとも多く、検定や資格を活用した高校入試や大学入試の広まりから、進学を目的とした資格取得が多いとみられる。

 今後、子どもが小・中・高生の間に取得してほしい資格・検定の種類を聞いたところ、小学生の60.6%、中高生75.6%が「英検、英検Jr.」と回答し、ともにもっとも多い結果となった。2019年調査と比べると、子どもに英検を取得してほしいと考える割合は、小学生保護者が4.0ポイント、中高生保護者が8.5ポイント増加した。

 栄光ゼミナールのWebサイトでは、新型コロナウイルスによる資格取得への影響や、取得の際に保護者がサポートしたエピソードなど調査の詳細を確認できる。
《勝田綾》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top