【大学受験】駿台「オンライン授業」4/15より開講

 駿台予備学校は2021年4月15日より、駿台の主要コース・講座の授業をライブ配信によりオンライン受講できる「オンライン授業対応コース(高卒クラス)」「現役オンライン授業(高校生クラス)」を開講する。

教育・受験 中学生
オンライン授業(イメージ)
  • オンライン授業(イメージ)
  • 駿台
 駿台予備学校は2021年4月15日より、駿台の主要コース・講座の授業をライブ配信によりオンライン受講できる「オンライン授業対応コース(高卒クラス)」「現役オンライン授業(高校生クラス)」を開講する。

 駿台予備学校が新規開講するオンライン授業では、これまで近隣に駿台の校舎がなく通学が困難だった高卒生・高校生に対して、駿台各校舎で実際に教壇に立つプロ講師による授業をライブ配信で提供する。

 受講生は、受講コース・講座の配信授業をタブレット・パソコン・スマートフォンのいずれかを使い、リアルタイムで受講できる(一部選択科目は録画配信を予定)。また、オンライン専任のクラス担任・進路アドバイザーによる学習コーチングや、多彩なICTコンテンツを組み合わせることにより、ひとりひとりの学力向上を徹底サポートする。

 「オンライン授業対応コース(高卒クラス)」は、スーパー東大文系/理系コース、スーパー京大文系/理系コース、スーパー国公立大文系/理系/医系コース、スーパー早慶大文系コースの8コースを設置。学費は、入学金+授業料79万円~86万円(年間授業料)。

 「現役オンライン授業(高校生クラス/現役フロンティア)」は、難関大を対象とした計35講座を設置。対象科目は英語・数学・国語(現代文・古典)・物理・化学・生物・日本史・世界史・地理。学費は、入学金+授業料11万2,000円~18万円(年間授業料/1講座あたり)。

 今後、講座レベル・ラインアップを順次拡大していく予定。設置コース・講座の詳細や、学習サポートは駿台Webサイトにて確認できる。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top