コロナ禍の学生支援、2021年度前期授業料の納付猶予95.7%

 文部科学省は2021年5月25日、「新型コロナウイルスの影響を受けた学生への支援状況等に関する調査」の結果を発表した。2021年度前期分の授業料の納付猶予を実施または実施予定の大学等は95.7%。独自の授業料等減免を実施または実施予定の大学等は70.7%であった。

教育業界ニュース 文部科学省
新型コロナウイルスの影響を受けた学生への支援状況等に関する調査(2021年3月時点)
  • 新型コロナウイルスの影響を受けた学生への支援状況等に関する調査(2021年3月時点)
 文部科学省は2021年5月25日、「新型コロナウイルスの影響を受けた学生への支援状況等に関する調査」の結果を発表した。2021年度前期分の授業料の納付猶予を実施または実施予定の大学等は95.7%。独自の授業料等減免を実施または実施予定の大学等は70.7%であった。

 「新型コロナウイルスの影響を受けた学生への支援状況等に関する調査」は、2021年3月時点の状況について全国の国公私立大学(短期大学を含む)と高等専門学校を対象に3月30日より実施した。4月26日時点の回答率は95.5%。前回は、2020年12月末時点の調査を実施した。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top