国際数学オリンピック、日本代表全員メダル獲得…金1名は開成3年

 第62回国際数学オリンピックが2021年7月18日から24日まで、オンラインで開催された。日本からは6名の高校生が参加し、金メダル1つ、銀メダル2つ、銅メダル3つを獲得。国別順位は25位だった。

教育・受験 高校生
数学オリンピック財団
  • 数学オリンピック財団
  • 日本代表選手の成績
 第62回国際数学オリンピックが2021年7月18日から24日まで、オンラインで開催された。日本からは6名の高校生が参加し、金メダル1つ、銀メダル2つ、銅メダル3つを獲得。国別順位は25位だった。

 「国際数学オリンピック(IMO)」は、世界各国・地域の数学的才能に恵まれた若者を見出し、その才能を伸ばすチャンスを与えること、また世界中の数学好きの若者や教育関係者であるリーダーたちが互いに国際交流を深めることを目的とする国際的な数学コンテスト。各国6名まで参加でき、選手はIMOに参加する年の7月1日に20歳未満でなければならない。

 参加者は1日4時間半、各日3問の筆記試験に2日間にわたって取り組み、成績優秀者にはメダルが授与される。参加者の半分はメダルを受け、金・銀・銅の割合は1:2:3と決められている。

 第62回国際数学オリンピックは7月18日から24日まで、ロシアのサンクトペテルブルグで開催される予定だったが、新型コロナウイルスの世界的流行が収まらないため、オンラインにて開催された。日本チームはホテルコンチネンタル府中(東京都府中市)に滞在して大会に臨んだ。107か国・地域から619名が参加し、日本からは6名が代表として参加。金メダル1つ、銀メダル2つ、銅メダル3つを獲得し、国別順位25位の成績を収めた。

 金メダルは、開成高等学校3年生の神尾悠陽さん1名。銀メダルは、灘高等学校2年生の沖祐也さん、筑波大学附属駒場高等学校3年生の床呂光太さんの2名。銅メダルは、東大寺学園高等学校3年生の吉田智紀さん、灘高等学校3年生の小林晃一良さん、麻布高等学校2年生の井本匡さんの3名が獲得した。

 なお、今回のIMOでは町野有夏さんが日本選手と一緒に日本の会場においてイギリス代表選手として大会に参加。町野さんは日本人だがイギリス在住のため、イギリスで代表選手に選ばれた。町野さんは、きわめて優れた成績を収めた女性に与えられるマリアム・ミルザハニ賞を、2020年に引き続き2年連続で受賞した。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top