高校生が選ぶ2021年の話題・流行ランキング発表

 TSUBASAグループ アイ・エヌ・ジーは、流行に敏感な関東の高校生男女200名に「2021年の流行に関する調査」を実施した。流行語大賞予想や2021年の印象的だったニュース等をランキング形式で発表している他、2022年に流行る物事も予想している。

趣味・娯楽 高校生
2021年総括!高校生が選ぶ今年一年の話題・流行ランキング
  • 2021年総括!高校生が選ぶ今年一年の話題・流行ランキング
  • 2021年総括!高校生が選ぶ今年一年の話題・流行ランキング
 TSUBASAグループ アイ・エヌ・ジーは、流行に敏感な関東の高校生男女200名に「2021年の流行に関する調査」を実施した。流行語大賞予想や2021年の印象的だったニュース等をランキング形式で発表している他、2022年に流行る物事も予想している。

 「2021年の流行に関する調査」は2021年11月22日~26日、15歳から18歳の関東の高校生を対象にWebアンケートで実施した。有効回答人数は200名(男女各100名)。

 2021年の新語・流行語大賞で選ばれると思うワード(ノミネート30語より選択)は、1位「イカゲーム」52.0%で、半数を上回る票を集めた。理由は、「今年すごく流行っていて、周りの友達で見ていない子がいないから(高2女子)」「ハロウィンでみんな仮装していたしTikTokでダンスも流行ってたから(高3女子)」「イカゲームのためだけにNetflixに登録した友達が結構いた(高3男子)」等の回答があった。

 2位は「副反応」12.0%。理由は、「学校も習い事等も副反応で休んでる人がとても多かった(高1女子)」「副反応どうだった?や副反応怖いという会話をたくさんした(高3男子)」等。3位は「ウマ娘」9.5%。「SNSですごく流行っていたから(高3男子)」等の回答があった。

 4位「黙食/マスク会食」6.0%、5位「うっせぇわ」5.0%、6位「SDGs」4.0%、7位「推し活」3.5%、8位「親ガチャ」3.0%、9位「Z世代」2.0%、10位「ジェンダー平等」「ピクトグラム」「変異株」「マリトッツォ」「リアル二刀流」「路上飲み」0.5%。

 「高校生的2021年流行語大賞は?」との質問の1位は、「イカゲーム」と「きまZ」が同率8.0%。「きまZ」は、ウチら3姉妹とうあのYouTube個人チャンネルでの発言が元ネタ。それぞれの理由は「イカゲームの一択だと思う(高1男子)」「きまZは反応に困ったときとか、いろんなときに使えるから、使う回数が多かった(高2女子)」等。

 3位は、女性芸人の丸山礼がコントで演じる井上千晶の口癖である「はにゃ?」7.0%、理由は、「わからないときすぐはにゃ?って言いまくってたから(高3女子)」「『それな』に続いて一般化してきた(高2女子)」等の回答があった。

 4位「超チルなラッパー」6.5%、5位「アセアセ」5.0%、6位「◯◯しか勝たん」「Let it be」「ひよってるやついる?」4.5%、9位「チルい」「ウマ娘」「すいやせぇん」4.0%

 2021に一番印象的だったニュースの1位は、「菅田将暉と小松菜奈結婚(すだなな結婚)」21.5%、理由には、「みんなが推してたカップルの結婚発表だったから(高3女子)」といった意見が散見された。

 2位は「京王線ジョーカー男の刺傷事件」15.5%。3位は「小室圭さんと眞子さん結婚」12.0%。4位「新型コロナウイルス感染拡大」10.0%、5位「小室圭さん『Let it be』発言」「なにわ男子デビュー 」「ディズニーチケット値上げ」4.0%、8位「新型コロナウイルス感染者数の減少」「嵐の櫻井翔と相葉雅紀が結婚」3.0%、10位「東京2020オリンピック開催」2.5%。

 2021年に一番流行ったと思う物事の1位は「イカゲーム」18.5%。2位は「コムドット」 9.0%。3位は「東京リベンジャーズ 」7.0%。4位「マリトッツォ」4.5%、5位「なにわ男子」「平成ギャル」4.0%、7位「Snow Man」「地球グミ」3.0%、9位「Apex」「フィルムカメラ」「平成レトロ」2.5%。

 2022年に流行ると思う物事について、言葉は流行っている言葉1位の「はにゃ?」の進化系「はにゃり」等。人物は、シンガーソングライターでTikTokで弾き語りをした「逃避行」が人気を集めている「imase」等。コスメは「メンズコスメ」。食べ物は「クリームブリュレ」。アプリは「LINE VOOM」。漫画/アニメは「ブルーピリオド」。

 2022年の流行の兆しは、2021年平成ギャルブームからギャル語に興味が集中していることや、TikTokの人気と動画プラットフォームからの流行発生、クリエイターの戦略的な二次創作の許可が広まりそうだ。
《大田芳恵》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top