【大学入学共通テスト2022】(1/16 14時現在)13会場で「数学1」開始繰下げ

 2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト(旧センター試験、以下、共通テスト)の2日目は、津波警報・避難指示の影響で中止した1校を除く676会場で行われている。大学入試センターによると、1月16日午後2時現在、13会場で「数学1」の試験時間を繰下げた。

教育・受験 高校生
2022年度大学入学共通テスト試験場のようす
  • 2022年度大学入学共通テスト試験場のようす
  • 試験期日・時間割
 2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト(旧センター試験、以下、共通テスト)の2日目は、津波警報・避難指示の影響で中止した1校を除く676会場で行われている。大学入試センターによると、1月16日午後2時現在、13会場で「数学1」の試験時間を繰下げた。

 共通テスト2日目(1月16日)は、午前9時30分~10時30分に「理科1(物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎)」、午前11時20分~12時30分に「数学1(数学I/数学I・数学A)」、午後1時50分~2時50分に「数学2(数学II/数学II・数学B/簿記・会計/情報関係基礎)」、午後3時40分~5時50分に「理科2(物理/化学/生物/地学)」の2科目受験、午後4時50分~5時50分に「理科2」の1科目受験が行われている。

 大学入試センターによると、1月16日午後2時現在、13会場で「数学1」の開始時間の繰下げが発生した。日本大学経済学部試験場、日本獣医生命科学大学試験場、大阪教育大学柏原キャンパス試験場、大阪市立大学全学共通教育棟A試験場、大阪工業大学大宮キャンパス試験場、大阪大谷大学試験場、四天王寺大学試験場、大阪人間科学大学庄屋学舎試験場、奈良教育大学教育学部試験場、奈良県立大学試験場、奈良学園大学試験場の11校では、人身事故による交通機関の遅延により、大阪教育大は2人、奈良教育大は10人、奈良学園大は3人、その他は各校1人が、試験開始時間を繰下げ、別室で受験した。

 日本工業大学試験場は緊急停止による交通機関の遅延、明海大学浦安キャンパス試験場は津波による交通機関の遅延により、各校1人が試験開始時間を繰下げ、別室受験で対応した。

 2022年度共通テストには864大学(大学708校、専門職大学7校、短期大学149校)が参加し、前年度比4,878人減の53万367人が志願。2022年3月高等学校等卒業見込者(現役生)の志願者は、全体の84.7%にあたる44万9,369人で、志願率(現役志願率)は過去最高の45.1%となっている。

大学入学共通テスト2022 特集
大学受験 特集
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top