【中学受験2022】【高校受験2022】もしも私立入試日に自然災害が発生したら…東京私学協会

 東京私立中学高等学校協会は2022年1月17日、「受験生の皆さまへ」と題して、私立中高入学試験と自然災害等への対応について発表した。いつ起きるかわからない自然災害等に備え、私立中学高校では安心・安全に受験できる体制を整えている。

教育・受験 小学生
受験生の皆さまへ~私立中高入学試験と自然災害等への対応について~
  • 受験生の皆さまへ~私立中高入学試験と自然災害等への対応について~
  • 東京私立中学高等学校協会
 東京私立中学高等学校協会は2022年1月17日、「受験生の皆さまへ」と題して、私立中高入学試験と自然災害等への対応について発表した。いつ起きるかわからない自然災害等に備え、私立中学高校では安心・安全に受験できる体制を整えているとして、慌てることのないよう受験生にアナウンスしている。

 震災等の自然災害はいつ発生するかわからず、それが大事な受験の日ということもあり得る。2022年度大学入学共通テストの2日目にあたる1月16日の未明には、南太平洋トンガ諸島付近の火山で発生した大規模な噴火を受け、気象庁が津波警報・津波注意報を発令。奄美大島や岩手県沿岸に1メートルを超える津波が押し寄せ、岩手県立大学宮古短期大学部試験場で16日の共通テストが中止となる事態が発生した。

 東京都と神奈川県の私立中学校・高等学校では、もしもの場合に備え、受験生が安全にそして安心して受験できる体制を準備している。たとえば、軽微な地震、豪雨や積雪等によって電車が遅れたときには、各学校が試験時間の変更等の対応をとることがある。また、ほぼすべての電車が止まり、動き出す見込みがたたないような大きな自然災害等が起こったときには、予定されている入試をすべて中止し、後日、一斉に繰り下げて再開することがあるという。

 東京私立中学高等学校協会は、このような自然災害等が起きたとき、慌てず混乱せずに必ず受験校のWebサイトで対応を確認するよう呼びかけている。
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top