臨時休校中、起床・朝食遅い小中学生は不健康な生活習慣に

 コロナ禍における臨時休校中の小中学生の睡眠と食事の時刻パターンの分析をした結果、起床と朝食の時刻が遅かった小中学生は、より不健康な生活習慣を送っていた傾向があったことが東京大学による調査で明らかになった。

教育業界ニュース その他
起床と朝食の時刻が異なる4つのパターン
  • 起床と朝食の時刻が異なる4つのパターン
  • 臨時休校中、不健康な生活習慣を持っていた対象者の割合:臨時休校中の睡眠および食事の時刻パターン間の比較
  • 東京大学医学系研究科・医学部
 コロナ禍における臨時休校中の小中学生の睡眠と食事の時刻パターンの分析をした結果、起床と朝食の時刻が遅かった小中学生は、より不健康な生活習慣を送っていた傾向があったことが東京大学による調査で明らかになった。

 調査は臨時休校から学校が再開された直後の2020年6月、小中学生6,220人を対象に、東京大学未来ビジョン研究センターの杉本南特任研究員(研究当時)と東京大学大学院医学系研究科の村上健太郎助教、佐々木敏教授によって実施された。

 調査で得られた臨時休校中の起床・就寝・食事の時刻を分析したところ、特に、起床と朝食の時刻が異なる4つのパターンが見出された。6時ごろに起床し6~7時ごろに朝食の「非常に早い」パターンの子供は20%、7時ごろに起床し7時ごろに朝食の「早い」パターンは24%、7~8時ごろに起床し8時ごろに朝食の「遅い」パターンは30%、8~10時ごろに起床し9~10時ごろに朝食の「非常に遅い」パターンは26%という結果だった。起床と朝食の時刻が早いパターンでは、学校のある平時と同様の時刻に起床し朝食をとっていると思われたが、遅いパターンでは、早いパターンと比較して、起床、朝食、昼食の時間帯が1~2時間以上遅くなっていた。

 中でも、起床と朝食の時刻が遅いパターンの子供たちは、早いパターンの子供たちに比べて、運動量が少ない、ゲームやテレビ、パソコン等の画面を見ている時間が長い、朝食や昼食の欠食が多い、菓子類や清涼飲料類の摂取量が多い、といった不健康な生活習慣を持つリスクが高いことが示される結果となった。

 特に朝食の欠食について「非常に早い」子供たちと「非常に遅い」子供たちの差が顕著であり、週に1回以上の朝食の欠食がある子供は「非常に早い」子供たちが5%であったのに対し、「非常に遅い」子供たちは42%と、8倍以上の差がみられた。また、1日4時間以上の長い時間、画面を見て過ごしている子供も、「非常に早い」子供たちは31%であったのに対し、「非常に遅い」子供たちは61%で、約2倍の差があった。

 調査より、学校が長期にわたって休校になった際、平時より著しく遅い時刻に起床し朝食をとっている子供は、不健康な生活習慣となるリスクが高いことが示された。今後また、感染症や災害等が原因で、いつ長期にわたって学校が休校になるかわからない。しかしそのような時にも、平時と同様の時刻に起床し、食事をとる習慣を保つことが重要である可能性が示唆される結果となった。


《木村 薫》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top