小さな子どもの8割以上がオンライン動画を視聴、購買行動にも影響 4枚目の写真・画像

 3歳から6歳の子どもの8割以上がオンライン動画を視聴しており、オンライン動画をきっかけに製品やサービスを買い与えたことがある保護者が多いことが、動画マーケティングを支援するViibar(ビーバー)の調査により明らかになった。

デジタル生活 未就学児
動画を視聴した結果、どのような製品・サービスを購入したのか?
動画を視聴した結果、どのような製品・サービスを購入したのか?

編集部おすすめの記事

特集

page top