筑波大学の産学連携、発酵茶から健康成分を発見…沼田教授インタビュー 1枚目の写真・画像

教育業界ニュース その他

紅茶やウーロン茶などの発酵茶から分離抽出した高分子ポリフェノール(MAF)は、ミトコンドリアを活性化して、脂肪肝を防ぎ、運動との併用で筋持久力を上げ、筋肉量を増加させる。健康やスポーツの分野で大きな効果が期待されている
紅茶やウーロン茶などの発酵茶から分離抽出した高分子ポリフェノール(MAF)は、ミトコンドリアを活性化して、脂肪肝を防ぎ、運動との併用で筋持久力を上げ、筋肉量を増加させる。健康やスポーツの分野で大きな効果が期待されている

編集部おすすめの記事

特集

page top