【発達障害6】保護者が「食」でできること…現場の実例から 2枚目の写真・画像

教育・受験 未就学児

支援施設で歯磨きの時間。嫌がる子でも、奥歯を磨くときは「あーのお口、あ~~」、前場を磨くときは「おーのお口、い~~」、最後にお茶を飲もうね…というようににルーティーン化(決まった言葉がけ)をすることで、この言葉が終われば終了すると認識でき、歯磨きができるようになる。
支援施設で歯磨きの時間。嫌がる子でも、奥歯を磨くときは「あーのお口、あ~~」、前場を磨くときは「おーのお口、い~~」、最後にお茶を飲もうね…というようににルーティーン化(決まった言葉がけ)をすることで、この言葉が終われば終了すると認識でき、歯磨きができるようになる。

編集部おすすめの記事

特集

page top