降雪ピークは1月後半、ラニーニャ現象の影響 1枚目の写真・画像

 ウェザーニューズは2021年11月25日、今冬の「降雪傾向」を発表した。2021年12月~2022年3月の降雪量は、東~西日本の日本海側中心に「平年並か多い」予想。入試が本格化する1月後半は、広範囲で雪のピークとなり、関東甲信の平野部でも積雪のおそれがある。

生活・健康 その他
予想降雪量マップ
予想降雪量マップ

編集部おすすめの記事

特集

page top