インフルエンザに関するニュースまとめ一覧(12 ページ目)

【インフルエンザ2014】全47都道府県で増加、推計患者数は約34万人 画像
生活・健康

【インフルエンザ2014】全47都道府県で増加、推計患者数は約34万人

 厚生労働省は1月17日、2014年第2週(1月6日~12日)のインフルエンザ発生状況を発表した。患者報告数は2万7,100件、定点当たり報告数は5.51と、前週から3倍近く増えた。沖縄県と大阪府で警報レベルを超えるなど、全47都道府県で増加。

【インフルエンザ2014】大阪市西区で警報レベル超え 画像
生活・健康

【インフルエンザ2014】大阪市西区で警報レベル超え

 厚生労働省は1月15日、2014年第1週(2013年12月30日から2014年1月5日まで)のインフルエンザの発生状況を発表した。患者報告数は9,891件、定点当たり報告数は2.16。大阪市西区で警報レベル、大阪市旭区で注意報レベルを超えている。

【インフルエンザ】41都道府県で増加、九州で多発 画像
生活・健康

【インフルエンザ】41都道府県で増加、九州で多発

 厚生労働省は1月9日、第52週(2013年12月23日から12月29日まで)のインフルエンザの発生状況を発表した。患者報告数は9,307件、定点当たり報告数は1.90となり、41都道府県で前週よりも増加がみられた。

【インフルエンザ2013】東京・神奈川・千葉で流行入り、埼玉は2週前から 画像
生活・健康

【インフルエンザ2013】東京・神奈川・千葉で流行入り、埼玉は2週前から

 東京都、神奈川県、千葉県は、第51週(12月16日から22日まで)の定点あたり患者報告数が1.00を上回ったため、インフルエンザの流行期に入ったことを発表した。埼玉県は第49週(12月2日から8日まで)に1.00を上回っている。

【インフルエンザ2013】35都道府県で増加、最多は山口県 画像
生活・健康

【インフルエンザ2013】35都道府県で増加、最多は山口県

 厚生労働省は12月20日、第50週(12月9日から15日まで)のインフルエンザの発生状況を発表した。患者報告数は4,065件、定点当たり報告数は0.82となり、35都道府県で前週よりも増加がみられた。

【インフルエンザ2013】北海道と高知県の3か所で注意報レベル超え 画像
生活・健康

【インフルエンザ2013】北海道と高知県の3か所で注意報レベル超え

 厚生労働省は12月13日、第49週(12月2日から8日まで)のインフルエンザの発生状況を発表した。患者報告数は3,294件、定点当たり報告数は0.67となり、第43週以降増加が続いている。注意報レベルを超えた保健所地域は北海道に2か所と高知県に1か所の計3か所あった。

【インフルエンザ2013】一般成人の6人に1人は自己判断で通学や通勤 画像
生活・健康

【インフルエンザ2013】一般成人の6人に1人は自己判断で通学や通勤

 子どもを持つ母親の9割がインフルエンザの予防策を講じているのに対し、一般成人は危機意識が低く、6人に1人は解熱後に自己判断で通学や通勤を開始していることが、インフルエンザに関する調査の結果から明らかになった。

受験シーズンに備え乳酸菌で「風邪・インフルエンザ対策」 画像
生活・健康

受験シーズンに備え乳酸菌で「風邪・インフルエンザ対策」

 インフルエンザの集団感染における学級閉鎖は、早くも9月に静岡県の小学校で実施された。10月22日には、東京都教育委員会が東大和市の小学校1クラスが学級閉鎖されたと発表、11月22日時点では既に11施設で学年・学級閉鎖が実施されており、予防策の徹底が促されている。

【インフルエンザ2013】日テレ系20局がデータ放送で感染症情報を発信 画像
生活・健康

【インフルエンザ2013】日テレ系20局がデータ放送で感染症情報を発信

 日本テレビ系列20局は、2013年12月2日から2014年4月7日まで、感染症から子どもたちを守ることを目的としたデータ放送「子育て応援団d感染症NEWS」を放送する。また、データ放送と同時に特設サイト「子育て応援団モバイルサイト」でも公開していく。

インフルエンザの予防接種を受けたことがない男女は約3割、男性の1割は予防対策なし 画像
生活・健康

インフルエンザの予防接種を受けたことがない男女は約3割、男性の1割は予防対策なし

 ソフトブレーン・フィールドは、クレディセゾンとの共同事業として、2月1日にサービスを開始した「レシートで貯める」のアンケートモニターを対象に、インフルエンザ予防に関するアンケート調査を行った。

【インフルエンザ2013】6週連続で増加、沖縄が最多 画像
生活・健康

【インフルエンザ2013】6週連続で増加、沖縄が最多

 厚生労働省は11月22日、第46週(11月11日から17日まで)のインフルエンザの発生状況を発表した。患者報告数は710件、定点当たり報告数は0.14となり、6週連続で増加。学年・学級閉鎖は11施設にのぼる。

【インフルエンザ2013】岩手・岐阜・秋田などで局地的に高い流行状況、釜石は定点当たり4.67人 画像
生活・健康

【インフルエンザ2013】岩手・岐阜・秋田などで局地的に高い流行状況、釜石は定点当たり4.67人

 インフルエンザの患者が増え、すでに流行シーズンに入った地域もある。第45週(11月4日~10日)の保健所管轄区域別では、岩手県釜石4.67人、岐阜県中濃3.38人、秋田県北秋田3.33人などで高い流行状況を示している。

【インフルエンザ2013】インフルエンザ流行の兆し…患者報告数は微増傾向 画像
生活・健康

【インフルエンザ2013】インフルエンザ流行の兆し…患者報告数は微増傾向

 東京都健康安全研究センターは11月15日、最新のインフルエンザ患者発生状況を発表した。第45週(11月4日~10日)の患者報告数は、全国で528人、このうち東京都は53人。微増ながらも増加傾向を示している。

【インフルエンザ2013】3人に1人はうがいをしない…危険な予防意識が明らかに 画像
生活・健康

【インフルエンザ2013】3人に1人はうがいをしない…危険な予防意識が明らかに

 インフルエンザ流行の兆しが見え始め、4週連続で患者報告数が増加している。ドクターシーラボの調査結果によると、3人に1人はうがいをしておらず、予防意識の低さが明らかになった。

インフルエンザ、4週連続で増加…厚労省が対策サイト開設 画像
生活・健康

インフルエンザ、4週連続で増加…厚労省が対策サイト開設

 厚生労働省は11月8日、10月28日から11月3日までのインフルエンザの発生状況を発表した。患者報告数は399、定点当たり報告数は0.08となり、4週連続で増加。学年・学級閉鎖は4施設にのぼる。

東京都教委が今季初のインフルエンザによる学級閉鎖を発表 画像
教育・受験

東京都教委が今季初のインフルエンザによる学級閉鎖を発表

 東京都教育委員会は10月22日、東大和市の小学校1クラスが学級閉鎖されたと発表した。症状からインフルエンザと診断された児童もおり、23日から学級閉鎖となった。インフルエンザ様疾患による学級閉鎖は都内公立学校では今季初めて。

  1. 先頭
  2. 7
  3. 8
  4. 9
  5. 10
  6. 11
  7. 12
  8. 13
  9. 14
  10. 15
  11. 16
  12. 17
  13. 最後
Page 12 of 18
page top