インフルエンザに関するニュースまとめ一覧(9 ページ目)

予防接種をわかりやすく管理するアプリ登場、広島で実証実験開始 画像
生活・健康

予防接種をわかりやすく管理するアプリ登場、広島で実証実験開始

 広島テレビ放送は、複雑な予防接種スケジュールをわかりやすく表示し、子育て世代と医療機関が情報共有できるアプリ「子育て応援団 予防接種お助けツール」の実証実験を10月30日より開始した。2016年春の本格稼働を目指す。

予防接種時の事故、1年間で5,685件…接種間隔誤りや使用済み注射器で 画像
生活・健康

予防接種時の事故、1年間で5,685件…接種間隔誤りや使用済み注射器で

 予防接種時の事故が、平成26年度の1年間で5,685件あったことが10月29日、厚生労働省の分科会で公表された。10月から12月にかけては、インフルエンザの予防接種を行う人が多い時期だが、ワクチン接種時に誤って使用済み注射器を使用した事例も報告されている。

受験生シーズン前にインフルエンザ対策…接種後2週間で予防効果 画像
生活・健康

受験生シーズン前にインフルエンザ対策…接種後2週間で予防効果

 寒さが厳しくなる受験シーズンに猛威をふるうインフルエンザ。ワクチンを接種しても効果が現れるには2週間かかるという。予防には流行を迎える前の対策が欠かせない。家庭でできるインフルエンザ予防や対策情報を紹介する。

蚊の模型作りや感染症クイズ、感染研10/3一般公開 画像
教育イベント

蚊の模型作りや感染症クイズ、感染研10/3一般公開

 国立感染症研究所は、一般公開を10月3日に実施する。写真展や標本展示のほか、病原体模型の組立てやゲームコーナーなど小学生が楽しめるイベントもある。入場無料。参加予約不要。講演、ラボ見学などは先着順。

東京の小学校、インフルエンザで今季初の学級閉鎖 画像
生活・健康

東京の小学校、インフルエンザで今季初の学級閉鎖

 東京都教育委員会は9月15日、都内公立小学校でインフルエンザの集団感染により学級閉鎖の措置をとったことを発表。都内の学校での学級閉鎖は今季初めて。都教委では、学校における予防などについて通知を行っている。

【インフルエンザ14-15】2週連続で減少、患者数は1週間で44万人減 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】2週連続で減少、患者数は1週間で44万人減

 厚生労働省は2月13日、2015年第6週(2月2日から2月8日まで)のインフルエンザ発生状況を発表した。患者報告数9万4,107件、定点あたり報告数19.03となり、第4週の39.42をピークに2週連続で減少した。

【インフルエンザ14-15】ピーク越えか、患者数は57万人減の135万人 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】ピーク越えか、患者数は57万人減の135万人

 厚生労働省は2月6日、2015年第5週(1月26日~2月1日)のインフルエンザ発生状況を発表した。定点当たりの報告数は29.11で、前週の39.42から減少した。1週間の推計患者数も前週より57万人減の135万人となった。

【インフルエンザ14-15】学級閉鎖、前週の2倍以上に 画像
教育・受験

【インフルエンザ14-15】学級閉鎖、前週の2倍以上に

 厚生労働省は1月30日、2015年第4週(1月19日から1月25日まで)のインフルエンザ発生状況を発表した。全国の保育所や幼稚園、小中高校でインフルエンザによる学級閉鎖が5,176施設に上り、前週の2倍以上に増加した。

【インフルエンザ14-15】1週間で2,214施設が学級閉鎖 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】1週間で2,214施設が学級閉鎖

 厚生労働省は1月23日、2015年第3週(1月12日から1月18日まで)のインフルエンザ発生状況を発表した。全国の保育所や幼稚園、小中高校で休校が37施設、学年閉鎖が678施設、学級閉鎖が2,214施設となった。

【学校ニュース】文教大、千葉商大、大妻女子、工科大、金工大、国際大学 画像
教育・受験

【学校ニュース】文教大、千葉商大、大妻女子、工科大、金工大、国際大学

 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。1月23日は文教大学、千葉商科大学、大妻女子大学、東京工科大学、金沢工業大学、広島国際大学の情報を紹介する。

鳥インフルエンザ、「鶏肉や鶏卵を食しても大丈夫か」 画像
生活・健康

鳥インフルエンザ、「鶏肉や鶏卵を食しても大丈夫か」

 国民生活センターは1月20日、鳥インフルエンザの発生に関して、正確な情報に基づいて冷静に対応するよう注意を呼び掛けた。「鶏肉や鶏卵を食しても大丈夫か」などの相談が多いという。

【インフルエンザ14-15】1週間に受診した患者数が昨シーズンのピーク上回る 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】1週間に受診した患者数が昨シーズンのピーク上回る

 厚生労働省は1月16日、2015年第2週(1月5日から1月11日まで)のインフルエンザ発生状況を発表した。この1週間に医療機関を受診した患者数は推計約206万人で、昨シーズンのピークである約187万人を上回ったことが明らかになった。

「家族うがい」で乗り切る受験期のインフルエンザ 画像
生活・健康

「家族うがい」で乗り切る受験期のインフルエンザ

 センター試験はいよいよ1月17日に開始、同日関西の中学受験も解禁となる。受験勉強も追い込みの時期となったが、インフルエンザ対策も気を許すことができない。国立国際医療研究センターの金川修造氏は、うがいを家族全員で行うことなどを勧める。

【インフルエンザ14-15】23都道府県で前週よりも減少 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】23都道府県で前週よりも減少

 厚生労働省は1月13日、2015年第1週(2014年12月29日から2015年1月4日まで)のインフルエンザ発生状況を発表した。埼玉や神奈川、千葉、東京など23都道府県で前週よりも減少したものの、11県で警報開始基準値を上回った。

【インフルエンザ14-15】12都道府県で警報発令 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】12都道府県で警報発令

 厚生労働省は1月8日、第52週(2014年12月22日から12月28日まで)のインフルエンザ発生状況を発表した。患者報告数は13万971件、定点あたり報告数は26.63で、埼玉県や神奈川県など12都道府県で警報開始基準値を上回った。

【インフルエンザ14-15】東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表

 東京都は1月7日、都内におけるインフルエンザ「流行警報」を発表。患者報告数が昨年第52週(12月22~28日)に流行警報基準を超えたことによるもの。1999年の感染症法に基づく調査開始以来、もっとも早い流行だという。

  1. 先頭
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 7
  6. 8
  7. 9
  8. 10
  9. 11
  10. 12
  11. 13
  12. 14
  13. 最後
Page 9 of 18
page top