インフルエンザに関するニュースまとめ一覧(10 ページ目)

【インフルエンザ14-15】埼玉県が警報レベル…東京都も前週の2倍近くに 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】埼玉県が警報レベル…東京都も前週の2倍近くに

 埼玉県は12月25日、第51週(12月15日~21日)の定点あたり患者報告数が35.38人となったため、インフルエンザ警報を発令した。東京都、神奈川県、千葉県では警報基準値に達していないが、定点あたり患者報告数が前週の2倍に増加している。

【インフルエンザ14-15】埼玉県、千葉県でインフルエンザ注意報 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】埼玉県、千葉県でインフルエンザ注意報

 埼玉県、千葉県の2県は12月17日、第50週(12月8日~14日)の定点あたり患者報告数が10.00人を超えたため、インフルエンザ注意報を発令した。埼玉県ではRSウイルス感染症の患者報告数も増加しており、注意を呼びかけている。

【インフルエンザ14-15】44都道府県で増加、597施設で学級閉鎖 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】44都道府県で増加、597施設で学級閉鎖

 厚生労働省は12月12日、第49週(12月1日-7日)のインフルエンザの発生状況を発表した。患者報告数は17,192件、定点あたり報告数は3.49となり、44都道府県で前週よりも増加がみられた。

【インフルエンザ14-15】ヤフーがビックデータ分析による流行を予測 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】ヤフーがビックデータ分析による流行を予測

 Yahoo! JAPANは12月9日、ビッグデータ分析によるインフルエンザ感染状況を発表した。某治療薬の検索数から推定される定点あたりのインフルエンザ患者報告数は3.2人となり、急激な流行感染拡大の段階に入ったことが予測値に表れているという。

【インフルエンザ14-15】1週間で237施設が学級閉鎖、前年より3週早い流行入り 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】1週間で237施設が学級閉鎖、前年より3週早い流行入り

 厚生労働省は12月5日、第48週(11月24日から11月30日まで)のインフルエンザ発生状況を発表した。患者報告数は9,393件、定点あたり報告数は1.90となり、流行開始の目安としている1.00を上回ったことから、インフルエンザが流行シーズンに入ったという。

製薬会社がインフルエンザについて学ぶ無料アプリ配信 画像
生活・健康

製薬会社がインフルエンザについて学ぶ無料アプリ配信

 大塚製薬とデンカ生研は共同で、無料のアプリケーション「ARで知る!インフルエンザ」を配信。インフルエンザを予防する方法を、動き出すイラスト「AR」で紹介している。手の洗い方やマスクの必要性など、親子で楽しみながら学ぶことができる。

感染から身を守るインフルエンザ対策、内閣府がオンラインにて公開 画像
生活・健康

感染から身を守るインフルエンザ対策、内閣府がオンラインにて公開

 内閣府政府広報室は、インフルエンザの流行シーズンに備え、感染を防ぐポイントをまとめた「みんなで対策!インフルエンザ」を政府広報オンラインにて発表した。

データ放送で、インフルエンザなど感染症のニュースを配信 画像
生活・健康

データ放送で、インフルエンザなど感染症のニュースを配信

 広島テレビ放送は、日本テレビ系列24局と共同で、12月1日から2015年3月下旬まで、データ放送「子育て応援団d感染症NEWS」を放送する。インフルエンザなど、流行中の感染症の流行状況がテレビを通して見ることができる。

東京都大田区で回収された野鳥、インフルエンザ陽性 画像
生活・健康

東京都大田区で回収された野鳥、インフルエンザ陽性

 東京都環境局は、11月26日に大田区で回収されたホシハジロ1羽の死体を簡易検査したところ、A型インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥と濃密な接触がある場合を除き、通常では人には感染しないという。

【インフルエンザ14-15】1都3県、過去5シーズンでもっとも早い流行期へ 画像
生活・健康

【インフルエンザ14-15】1都3県、過去5シーズンでもっとも早い流行期へ

 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県は、第47週(11月17日から23日まで)にインフルエンザの流行期に入ったことを発表した。昨シーズンよりも4週ほど早く、例年よりも早めの予防対策が必要となる。

定期予防接種、子どもの水ぼうそうと高齢者の肺炎球菌感染症が対象に追加 画像
生活・健康

定期予防接種、子どもの水ぼうそうと高齢者の肺炎球菌感染症が対象に追加

 政府広報オンラインでは、暮らしのお役立ち情報として、水ぼうそうと高齢者の肺炎球菌感染症が 定期予防接種の対象に加わったことを紹介している。

東京都江東区の渡り鳥からA型インフルエンザウイルス検出 画像
生活・健康

東京都江東区の渡り鳥からA型インフルエンザウイルス検出

 東京都環境局は11月17日、江東区で回収された死亡野鳥からA型インフルエンザウイルスを検出したと発表。これを受け、環境省は発生地周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定、野鳥の監視を強化する。

インフルエンザ患者数が前週より倍増、今シーズンで最多 画像
生活・健康

インフルエンザ患者数が前週より倍増、今シーズンで最多

 小児科医などの有志が参加する「MLインフルエンザ流行前線情報データベース」によると、11月17日までの1週間でインフルエンザ患者数が40件となり、前週の20件から倍増した。16日には今シーズンもっとも多くの患者数が報告され、増加傾向がみられる。

インフルエンザ流行シーズンに向け、厚労省が対策サイト公開 画像
生活・健康

インフルエンザ流行シーズンに向け、厚労省が対策サイト公開

 インフルエンザ流行シーズンに向け厚生労働省は11月14日、Webサイトに「平成26年度 今冬のインフルエンザ総合対策について」を公開した。昨年度の推計患者数は1,554万人だった。

インフルエンザ予防接種、地域で300円近い差…平均価格は2,939円 画像
生活・健康

インフルエンザ予防接種、地域で300円近い差…平均価格は2,939円

 医療情報サイトなどを運営するQLifeは11月13日、成人のインフルエンザ予防接種価格に関する調査結果を発表。今シーズンの全国平均価格は2,939円、都道府県によっては300円近い差があることが明らかになった。

インフルエンザの予防接種率は25%、受けない理由とは? 画像
教育・受験

インフルエンザの予防接種率は25%、受けない理由とは?

 雪印メグミルクがインフルエンザシーズンを前に実施した予防対策に関する調査において、2013年のインフルエンザ予防接種率が25.5%に留まったことが明らかになった。予防接種を受けなかった理由の1位は費用面だという。

  1. 先頭
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 8
  6. 9
  7. 10
  8. 11
  9. 12
  10. 13
  11. 14
  12. 15
  13. 最後
Page 10 of 18
page top