九州大学附属図書館、iPad館内貸出サービス正式運用

 九州大学附属図書館は1月5日、中央図書館で昨年6月より試行的に行なっていたiPadの館内貸出サービスを正式運用すると発表した。また伊都図書館、医学図書館などにおいても同様のサービスを今年度末まで試行するという。

教育ICT 学校・塾・予備校
九州大学附属図書館
  • 九州大学附属図書館
  • iPad館内貸出サービスを全館・室で実施します
 九州大学附属図書館は1月5日、中央図書館で昨年6月より試行的に行なっていたiPadの館内貸出サービスを正式運用すると発表した。また伊都図書館、医学図書館などにおいても同様のサービスを今年度末まで試行するという。

 九州大学附属図書館の中央図書館では、同大学に在籍する学生や教職員を対象に、iPadを館内で利用できるよう貸し出しするサービスを昨年6月1日より試験的に開始していた。貸出し用のiPadには、情報検索用のwebクリップや、辞典、Office系、電子書籍リーダーなどの各種アプリが搭載されており、貸出状況をネット上でリアルタイムで確認できるシステムも導入されている。

 貸出しサービスの試行期間が昨年末に終了したことを受け、同館では同サービスを正式運用とすることを発表。また、伊都図書館、医学図書館、芸術工学図書館、筑紫図書館、文系合同図書室においても、同サービスの試行を今年度末まで実施するとしている。

 設置台数は、中央図書館が6台。伊都図書館は4台、その他は1〜2台となり、貸出し際には学生証、または職員証が必要となる。
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)