【朝刊・教育】無料オンライン講座、4学期制のメリット

教育・受験 その他

本文とは関係ありません(イメージ写真)
  • 本文とは関係ありません(イメージ写真)
 朝日、読売、毎日、日経の各朝刊から、気になる教育・子ども関連記事をピックアップ。6月3日は、無料オンライン講座や私大の学部・学科新設、4学期制のメリット、大学が行う就活サポートなど。

◆朝日新聞
・edX、Couseraなどといった無料オンライン講座で地域・経済、年齢の壁を越え学ぶ受講生を紹介

・横浜女学院の生徒による書道パフォーマンスをアフリカ各国首脳夫人たちへ披露

◆読売新聞
・パソコン遠隔操作事件の片山祐輔被告、小学校への襲撃予告で男子大学生が誤認逮捕された事件への関与の疑いが強まり追送検

◆毎日新聞
・私大の4割が定員割れするなか、差別化を図ろうと大学の学部・学科新設が相次ぐ

・文科省の担当になった記者が中教審の動向を注目

・8割が家庭でのしつけを重視していることが日本教育文化研究所が全国の親を対象にした調査でわかった

◆日経新聞
・地銀が大手信託に対抗し、子や孫に贈る教育資金を預金する専用口座の取扱いを相次ぎ開始

・男子の4人に一人が、誰にも相談せず志望大学を決めていることがオプトジャパンの調査でわかった

・慶應義塾大学の教授が4学期制のメリットを解説

・欧州ビジネススクール・ランキングで中・東欧トップの評価を受けるポーランド・コジミンスキー大学を紹介

・内々定を得られない学生に対し、大学が企業説明会や独自のガイダンスなどを開き、学生をサポート

・2016年卒の学生から就職活動解禁が3か月後ろにずれ、ミスマッチが広がる恐れがあり、地方からは不安の声
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)