若田宇宙飛行士がISSで読む「宇宙電子本」、作品を小中学生から募集

デジタル生活 インターネット

「宇宙初の電子本をみんなで創ろう!」プロジェクト
  • 「宇宙初の電子本をみんなで創ろう!」プロジェクト
  • 国際宇宙ステーション(ISS)
  • 応募様式
 イーブックイニシアティブジャパンは、若田宇宙飛行士に宇宙空間で電子書籍を読んでもらう「宇宙初の電子本をみんなで創ろう!」プロジェクトの一環として、「宇宙電子本」に掲載する小中学生の作品の募集を7月18日に開始した。

 2013年の年末にJAXA(宇宙航空研究開発機構)の若田宇宙飛行士は、ロシアのソユーズ宇宙船で宇宙へ向かい、日本人初のコマンダー(船長)として国際宇宙ステーション(ISS)に半年間滞在する。

 「宇宙初の電子本をみんなで創ろう!」プロジェクトは、「きぼう(日本実験棟)」から電子書籍をパソコンにダウンロードし、若田宇宙飛行士に電子書籍を読んでもらおうというもの。

 今回、電子書籍のコンテンツの1つ「宇宙に届け!みんなの夢」を全国の小中学生から募集する。「宇宙に届けたい、ぼく、わたしの夢」「宇宙に行ったらやってみたいこと」「若田宇宙飛行士へのメッセージ」という3つのテーマから選択して、文章、絵などを混じえて自由に表現し、A4サイズの用紙にまとめて応募する。

 若田宇宙飛行士に読んでもらう「宇宙電子本」には、今回の応募作品を含めて、宇宙に関連するさまざまなコンテンツを掲載する予定だ。また若田宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで「宇宙電子本」をパソコンで読んでいる映像や、「宇宙電子本」は後日公開を予定している。

◆宇宙に届け!みんなの夢
募集テーマ:
・宇宙に届けたい、ぼく、わたしの夢
・宇宙に行ったらやってみたいこと
・若田宇宙飛行士へのメッセージ
3つのテーマから選択して、文章、絵などを混じえて自由に表現
提出物:A4サイズ(210mm×297mm)の用紙に描いて、作品の右下に氏名と年齢を記入。裏に住所を記入
応募方法:郵便または宅配便
締切:9月30日(月)まで(当日消印有効)
応募資格:全国の小学生・中学生(クラスなどグループ単位、兄弟姉妹での応募も可能)各賞:eBookJapan大賞1名、「小学1年生」「小学2年生」賞 各1名、「かがくる」賞1名、「ジュニアエラ」賞1名、優秀賞25名
発表:2014年2月28日(金)公式サイトで各賞を発表
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)