教育機関対象の映像制作配信サービス、3/3開始…浜学園とNTT3社が連携

教育ICT 学校・塾・予備校

サービスイメージ
  • サービスイメージ
  • サービス概要
  • 構成イメージ
  • 光Webスクールのホームページ
  • サービスイメージ
  • サービスイメージ
 NTTスマートコネクトは3月3日より、浜学園とNTT西日本、NTTラーニングシステムズと連携して、教育機関を対象とした映像制作配信サービス「光Webスクール」を提供開始する。

 近年、映像配信を活用した授業の提供が増加傾向にある。また、タブレット端末やスマートフォンなどの情報通信機器の普及が急速に進んでいく中で、モバイル型端末を活用して、いつでもどこでも受講することができる教育環境へのニーズが高まってきている。

 学習塾や予備校などの教育機関が映像配信サービスの提供をする場合、講義の映像化や映像配信システム、学習管理システムには高額の投資が必要であり、その企画や運用には専門スタッフと幅広いノウハウが必要となる。このような課題に応えようと、「光Webスクール」では、教育機関が映像配信サービスに必要となる機能を手軽な価格で、かつワンストップサービスとして提供する。

 「光Webスクール」は、パソコンやタブレット型端末に加え、セットトップボックス「光BOX+(HB-1000/情報機器)」を活用し、家庭のテレビにも講義映像を配信する。

 コンテンツの制作は、普段利用している教室や会議室で撮影された映像を元に講義映像を制作するため、撮影に外部のスタジオは不要。そのため、撮影時であっても先生は、いつも通り講義に専念できる。また、文字を見やすくするためのトリミングや不要な発話の削除など、受講者に配慮し、教育的効果に配慮した編集を実施する。さらに、先生や運用管理者が受講者一人一人の学習状況や理解度を把握するための、学習管理・分析機能を提供する。

 提供価格は、教育機関の方針に合わせてサービスを構築するため、個別見積りとなる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)