大規模公開オンライン講座「gacco」で北大の講座受講生募集

教育ICT インターネット

gacco
  • gacco
  • オープンエデュケーションと未来の学び
  • 経営(マネジメント)入門
  • 提供予定講座
 NTTドコモとNTTナレッジ・スクウェアは4月3日、大規模公開オンライン講座「gacco(ガッコ)」にて、北海道大学とグロービス経営大学院による講座の受講生募集を開始した。また、東京未来大学と名古屋商科大学、立教大学の講座追加も決定した。

 gaccoは、NTTドコモとNTTナレッジ・スクウェアが共同で提供する、大規模公開オンライン講座(MOOC:Massive Open Online Courses)。大学教授陣による本格的な講義が誰でもオンラインで無料受講でき、日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)が講師の推薦やサポートを行っているという。

 gaccoは4月3日(木)より、新たに北海道大学の重田勝介准教授らによる講座と、グロービス経営大学院(荒木博行教授、村尾佳子教授、嶋田毅教授、田久保善彦教授)による講座の2講座の受講生募集を開始。

 北海道大学の重田勝介准教授による「オープンエデュケーションと未来の学び」は、7月7日(月)に開講する。また、オンラインで学習した内容をもとに対面で発展的な講義を行う「反転学習コース」の参加者も募集する。講義は札幌と大阪で開催し、参加費は有料。

 グロービス経営大学院の「経営(マネジメント)入門」は、8月25日(月)に開講する。この講座でも「反転学習コース」を有料で提供する予定。詳細は後日、グロービス経営大学院の講座へ受講登録した会員へお知らせする。

 このほか、東京大学大学総合教育研究センターによる「インタラクティブティーチング」講座と、東京未来大学の角山剛教授による「モチベーション・マネジメント」、名古屋商科大学(長沢雄次教授、岩澤誠一郎教授、山田隆教授、小山龍介客員教授、北原康富教授)による「ビジネススクール(入門)」、立教大学の舛谷鋭教授による「交流文学研究(仮)」、立教大学の北本俊二教授による「ブラックホール入門(仮)」が、gaccoで開講されることが決定した。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)