【夏休み】お茶の水女子大、「放射線」をテーマとした小中学生向け科学イベントを開催

お茶の水女子大学は、小中学生を対象とした科学イベント「ひらめき☆ときめきサイエンス 放射線が通った! 見えた、分かった放射能!」を8月23日・24日に実施する。参加は無料、事前予約制。

教育・受験 学習
放射線が通った! 見えた、分かった放射能!
  • 放射線が通った! 見えた、分かった放射能!
  • ひらめき☆ときめきサイエンス
 お茶の水女子大学は、小中学生を対象とした科学イベント「ひらめき☆ときめきサイエンス 放射線が通った! 見えた、分かった放射能!」を8月23日・24日に実施する。参加は無料、事前予約制。

 「ひらめき☆ときめきサイエンス」は、現在、活躍している研究者と大学の研究成果の一端を小中高生が見る、聞く、触れることで、学術と日常生活との関わりや、科学(学術)がもつ意味を理解してもらおうとするプログラム。日本学術振興会が主催し、全国の大学などで300を超えるプログラムが予定されている。

 お茶の水女子大学では、人間文化創成科学研究科の古田悦子氏が講師を務め、「放射線が通った! 見えた、分かった放射能!」と題したプログラムを実施する。

 放射線は普段見えないが、機械を通せば「見る」ことも「感じる」こともできるという。当日はゲーム感覚で楽しみながら、放射線がどこから出ているかを自分達で確かめ、確認後、どうして出ているのか、放射線ってそもそも何なのかを説明する。また、最後には、大学で行われている放射線に関する先端研究も紹介する。放射線が色々なところで役に立ち、面白い発見につながっていることが分かる、夏休みの自由研究にも最適な内容となっている。

◆放射線が通った! 見えた、分かった放射能!
対象:小学5・6年生、中学生
日程:8月23日(土)小学5・6年生、24日(日)中学生
時間:10:00~16:30
会場:お茶の水女子大学 理学部3号館 2階
参加費:無料
定員:各日20名
応募方法:ホームページより
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

  • 【夏休み】中高リケジョ集まれ…筑波大学「サイエンス体験合宿」8/6-8 画像 【夏休み】中高リケジョ集まれ…筑波大学「サイエンス体験合宿」8/6-8
  • 京都女子大、高校生対象の公開講座「食品衛生から学ぶお弁当づくり」9/27 画像 京都女子大、高校生対象の公開講座「食品衛生から学ぶお弁当づくり」9/27

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)