高校生向け起業家教育講座、トーマツが無償開催

 トーマツベンチャーサポートが実施する高校生向け起業家教育講座が6月23日、慶應義塾高校で始まった。ベンチャー起業家の考え方を参考に、自分がやりたいことと、社会で必要とされることを結びつけて価値を生み出す方法を学ぶ。同社は年内に5校開催を目指す。

教育・受験 学習
3STEPワークショップ
  • 3STEPワークショップ
  • 高校生・大学生へのアンケート結果
 トーマツベンチャーサポートが実施する高校生向け起業家教育講座が6月23日、慶應義塾高校で始まった。ベンチャー起業家の考え方を参考に、自分がやりたいことと、社会で必要とされることを結びつけて価値を生み出す方法を学ぶ。同社は年内に5校開催を目指す。

 ベネッセ教育総合研究所や全年大学生調査コンソーシアムの調査によると、高校生の41.7%、大学生の40.3%が将来の夢を見つけることができないという。同社は、「経済成長が鈍化する中、受身ではやりがいを持つことが難しい」と指摘。自分がやりたいことと社会で必要とされることの2つを繋げて、主体的に価値を創造することが重要であることから、起業家の考え方を手を学かしながら学ぶワークショッププログラムを開発した。

 ワークショップでは、自分の関心のあるテーマに存在する「課題」を発見するグループワーク、発見した「課題」を解決するため「アイデア」を発想するグループワーク、グループで発想した「課題」や「アイデア」をなぜ発想することができたのか「原体験」を振り返る個人ワークの3ステップを支援する。

 高校生向け起業家教育講座「ドリームスクール」は原則無償で、高校からの講座開催要望にも応じる。今後、同社は講師派遣等を含めた講座を、年内に有名高校を中心に5校での開催を目指す。また、教員向けに講座の資料提供や授業方法のアドバイスも行っている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)