【夏休み】関大で「サイエンスセミナー」開催、小中学生対象に理科実験

 関西大学は8月2、3日、小中学生を対象とした「サイエンスセミナー」を開催する。太陽電池や手作りラジオ、水溶液の性質など、最先端の理科実験がわかりやすい内容で紹介される。

教育・受験 学習
サイエンスセミナーの案内
  • サイエンスセミナーの案内
  • サイエンスセミナー
 関西大学は8月2、3日、小中学生を対象とした「サイエンスセミナー」を開催する。太陽電池や手作りラジオ、水溶液の性質など、最先端の理科実験がわかりやすい内容で紹介される。

 子どもたちの「理科離れ」防止策の一環として、小中学生を対象に毎年夏休み期間中に開催している実験体験型のセミナー。理工系3学部が、大学の実験施設を使って実施している。

 物理・応用物理学、機械工学、都市システム工学など、7学科が8種類の理科実験を提供。「電池のいらない簡単手作りラジオ」「水溶液の性質を調べてみよう!」などの実験があり、参加者は大学の先生や学生に教わりながら挑戦。コースによって、1~3種類の実験を体験することができる。

 8月2、3の2日間、関西大学千里山キャンパスで開催する。時間は、両日とも午前10時から午後4時半。対象は、小中学生(小学生は保護者同伴)。実験により定員・学年に制限がある。また、コースによって集合・解散時間が異なる。

 参加無料。参加希望者は、実験コース一覧表から希望実験コースを選び、FAX、メール、申込フォームのいずれかで申し込む。同じコースを希望する3人までのグループは、一括して申し込むことができる(グループの申込みはFAXとメールのみ)。申込期間は、7月15日まで。定員を超えた場合は抽選となり、申込結果は当落にかかわらず郵送で通知する。

◆サイエンスセミナー
日時:8月2日(土)3日(日)10:00~16:30
会場:関西大学千里山キャンパス
対象:小中学生(小学生は保護者同伴)
参加費:無料
申込期間:6月25日~7月15日
申込方法:希望の実験コースを選び、FAX、メール、申込フォームのいずれかで申し込む
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)