【夏休み】小学生の半数が毎日勉強、約6割が中盤までに宿題終了

教育・受験 学習

夏休み中の勉強頻度
  • 夏休み中の勉強頻度
  • 日記・観察文以外の夏休みの宿題がすべて終わった時期
  • 日記・観察文以外の宿題は出たか
  • 宿題の量
  • 1回の平均学習時間
 小学生の半数が夏休みに毎日勉強しており、56%が「夏休み中盤」までに日記・観察文以外の宿題を終わらせていることが、小学館の通信添削学習ドラゼミの調べで明らかになった。

 調査は、ドラゼミ会員・資料請求者で、小学2年生~小学6年生の子どもがいる保護者807名を対象にアンケート項目をメール配信し、昨年の夏休みの学習状況について質問した。調査期間は、2014年4月24日~5月11日の20日間。

 夏休みに日記・観察文以外の宿題は出たか聞いたところ、「はい」99%、「いいえ」1%だった。宿題の量は、「ちょうど良い」が40%を占めた。「多い」2%と「やや多い」12%の計14%が多いと感じている一方、「少ない」13%と「やや少ない」33%の計46%と、半数近くが少ないと感じている。

 日記・観察文以外の夏休みの宿題がすべて終わった時期は、「夏休み中盤」がもっとも多く42%、次いで「夏休み終盤」36%、「夏休み開始直後」14%、「夏休み最終日」7%、「夏休み後も終わっていない」1%。「夏休み中盤」までに宿題を終わらせている割合が半数以上の56%に上ることから、計画的に余裕を持って終わらせる小学生が多いことがうかがえる。

 夏休み中の勉強の頻度は、「毎日」50%、「週に3~4日」34%、「週に1~2日」10%、「夏休み中に2~3日」1%で、「勉強していなかった」はわずか1%。85%もの小学生が毎日または2日に1回程の高い頻度で習慣的に学習に取り組んでいる。

 1回の平均学習時間は、「30分以上60分未満」45%、「10分以上30分未満」38%、「60分以上」13%、「10分未満」1%の順に回答者が多かった。「1時間以内」が83%を占める。このことから、比較的短い時間で定期的に学習を続けている傾向にあることがわかる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)