【大学受験2015】国公立学部系統別・旧帝大、倍率と昨年比較(出願最終日)

 文部科学省が発表した、国公立大学の第2次試験出願期間(1月26日~2月4日)の最終日である2月4日15時時点の出願状況によると、国立大学(全82大学)の志願倍率は4.1倍で、昨年確定4.3倍、昨年同時点4.2倍をやや下回っている。

教育・受験 受験
平成27年度国公立大学入学者選抜試験日程別志願状況(平成27年2月4日15時現在)
  • 平成27年度国公立大学入学者選抜試験日程別志願状況(平成27年2月4日15時現在)
  • 平成27年度国公立大学入学者選抜学部系統別志願状況(平成27年2月4日15時現在)
 文部科学省が発表した、国公立大学の第2次試験出願期間(1月26日~2月4日)の最終日である2月4日15時時点の出願状況によると、国立大学(全82大学)の志願倍率は4.1倍で、昨年確定4.3倍、昨年同時点4.2倍をやや下回っている。前期日程は3.0倍、後期日程は8.9倍。公立大学(全82大学)の志願倍率は5.9倍で、昨年確定6.5倍、昨年同時点6.2倍とこちらも減少している。

 文部科学省は、2月19日に確定志願者数を発表する予定だ。

 学部系統別の倍率は以下のとおり(一部)。()内に昨年の確定志願倍率を示す。人文・社会は昨年とほぼ同等なのに比べ、医・歯や薬・看護での志願倍率低下が目立つ。

・人文・社会
 国立:3.9倍(4.0)
 公立:5.9倍(6.4)
 計:4.5倍(4.6)

・理工
 国立:3.9倍(4.2)
 公立:7.3倍(7.9)
 計:4.2倍(4.5)

・医・歯
 国立:5.3倍(5.8)
 公立:5.8倍(6.2)
 計:5.3倍(5.9)

・薬・看護
 国立:4.7倍(5.3)
 公立:5.7倍(6.2)
 計:倍5.4(6.0)

 下記に旧帝大(北海道、東北、東京、名古屋、京都、大阪、九州)前期日程の一部学部の志願倍率を示す。()内は昨年の確定志願倍率。

・北海道大学
 法学部:1.7倍(2.4)
 経済学部:2.7倍(2.2)
 総合入試理系:2.7倍(3.0)
 医学部:2.8倍(3.1)

・東北大学
 法学部:2.3倍(2.4)
 経済学部:2.1倍(2.2)
 理学部:2.6倍(2.5)
 医学部:3.2倍(3.0)

・東京大学
 文科一類:3.2倍(3.1)
 文科二類:3.1倍(3.1)
 文科三類:3.0倍(3.2)
 理科一類:2.7倍(2.7)
 理科二類:3.9倍(4.0)
 理科三類:4.7倍(5.1)

・名古屋大学
 法学部:2.3倍(2.4)
 経済学部:2.5倍(2.4)
 理学部:2.2倍(2.6)
 医学部:3.1倍(3.1)

・京都大学
 法学部:2.3倍(2.7)
 経済学部:2.8倍(3.1)
 理学部:2.8倍(2.6)
 医学部:2.7倍(2.7)

・大阪大学
 法学部:1.8倍(1.9)
 経済学部:2.7倍(2.8)
 理学部:3.4倍(2.8)
 医学部:2.1倍(2.5)

・九州大学
 法学部:2.4倍(1.8)
 経済学部:2.2倍(2.5)
 理学部:2.3倍(2.5)
 医学部:2.8倍(2.9)

 国立前期で最高倍率は昨年と同じ東京藝術大学・美術の10.8倍、最低倍率は筑波技術大学・保健科の0.7倍となっている。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)