【夏休み】小学生向けプログラミング教室、全国8か所で開催

教育ICT ソフト・アプリ

Tech Kids CAMP Summer 2015
  • Tech Kids CAMP Summer 2015
  • 料金体系
  • ワークショップのようす
  • 3日間のスケジュール
 小学生向けプログラミング教育事業を行うCA Tech Kidsは、7月18日より全国8か所で計26回にわたるプログラミング入門ワークショップを開催する。ゲーム開発やiPhoneアプリ開発、Webアプリ開発など全6種類のコースから選べる。

 小学生のためのプログラミング入門ワークショップ「Tech Kids CAMP」は、プログラミングやデジタルのものづくりに興味を持ってもらうきっかけとして、2時間の体験会から7日間のワークショップまで幅広く開催。2013年8月の初開催以来、全国11都府県で開催し、延べ約6,000人が参加したという。

 今夏の「Tech Kids CAMP Summer 2015」は、東京、横浜、大阪梅田、京都衣笠、沖縄那覇の5都府県8会場で計26回にわたって開催する。今回新たに、総合開発環境「Unity」(ユニティ)を用いた3Dゲーム開発コースと、Minecraft(マインクラフト)を用いた「Minecraftコース」の2つのコースを追加したほか、プレゼンテーションのスキルを磨くプレゼンテーション講座をワークショップのカリキュラムに追加。全6種類のコースから選べる。

 ワークショップの最終日には、自らが開発した作品を自分の言葉で発表する「作品発表会」を実施する。

 参加申込みは、Webフォームにて受付けており、6月30日までに申込むと3,000円割引の特典がある。

◆「Tech Kids CAMP Summer 2015」開催概要(東京渋谷会場)
対象:小学校1~6年生
会場:東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティウエスト13・17階
実施コース:
・Scratch ゲーム開発コース
・iPhone アプリ開発コース
・Web アプリ開発コース
・2Dゲーム開発コース(GameSalad)
・3Dゲーム開発コース(Unity)
・Minecraftコース
料金(税別):Junior(3日間)が39,000円、Trial3(3日間)が39,000円、Basic5(5日間)が63,000円、Advance7(7日間)が88,000円。オプションでパソコンレンタル(1,000円)もある。※6月30日までに申込むと3,000円割引。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)