【台風18号】日赤、義援金を受付…各大学も支援開始

 台風18号などによる豪雨の被害が広がりをみせる中、大学においても被災した学生や受験生に対する支援の動きが出始めている。9月11日には、日本赤十字社が義援金の受付けを開始した。

生活・健康 保護者
日本赤十字社
  • 日本赤十字社
  • 上智大学
 台風18号などによる豪雨の被害が広がりをみせる中、大学においても被災した学生や受験生に対する支援の動きが出始めている。9月11日には、日本赤十字社が義援金の受付けを開始した。

 上智大学や國學院大學などでは、今回の災害で被害に遭った世帯の学生を対象に経済的な問題の相談に応じている。大学によっては、災害救助法適用地域を対象とした奨学金や災害見舞金などもあり、家計が急変した保護者や学生の対応にあたっている。

 大雨被害のため、AO入試などの出願に間に合わない受験生に向けて、連絡や相談を呼びかけている大学もある。

 日本赤十字社では9月11日、「平成27年台風第18号等大雨災害義援金」の受付けを開始した。期間は11月30日まで。寄せられた義援金は、被災者の生活再建の一助とするため、全額が被災県に設置された義援金配分委員会を通じて被災者に届けられるという。

 銀行振込先のうち、メガバンク口座は以下のとおり。口座名義はいずれも「日本赤十字社」。

◆振込先
・三井住友銀行 すずらん支店 普通預金「2787520」
・三菱東京UFJ銀行 やまびこ支店 普通預金「2105515」
・みずほ銀行 クヌギ支店 普通預金「0620286」

 義援金への協力方法には、メガバンク口座への銀行振込のほか、茨城県支部の受付口座への銀行振込、ゆうちょ銀行・郵便局からの郵便振替(郵便振替口座は現在開設手続き中)、インターネットからの寄付もある。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)