【冬休み】4歳から参加可能、プログラミング言語「ビスケット」ワークショップ12/27

教育イベント 小学生

冬のビスケットワークショップ「コドモ忘年会」
  • 冬のビスケットワークショップ「コドモ忘年会」
  • 冬のビスケットワークショップ「コドモ忘年会」詳細
  • ビスケット塾
 プログラミング教育を行うビスケット塾は、4歳から小学生を対象としたワークショップを12月27日に渋谷区で実施する。絵だけでプログラムが作れる「ビスケット」を使い、自分のアイディアを形にする。

 プログラミング言語「ビスケット」はNTTの研究で開発されたビジュアルプログラミング言語。だれでもプログラミングを体験してコンピュータの本質が理解できることがコンセプトで、ネットにつながったパソコンがあれば、ブラウザ上で絵や図を使って自由自在にプログラミングできる。

 冬のビスケットワークショップ「コドモ忘年会」では、年齢に応じた3つの教室を開催する。いずれの教室ともプログラミング初体験者も参加可能で、「粘土でかたちを作るように」自分のアイディアを動かす体験をする。

 4歳以上対象の「12月27日のサンタクロース」では、クリスマス明けの週末にサンタクロースは何をしているかを考えながら、「贈り物」をテーマにしたビスケットを作る。

 小学1年生以上対象の「みんなでつくるビスケットかるた」では、正月定番のあそび「かるた」をビスケットで作って動かし、参加者で遊ぶ。かるたは持ち帰りできる。

 小学3年生以上と保護者対象の「原田ハカセの『親子で学ぶコンピュータサイエンス入門』」では、ビスケットで遊びながらコンピューターの中身について勉強する。親子で未来のコンピューターを考えるきっかけにもなる。

 また、同日午後6時から8時には保護者を対象に「げんきせんせいの子どもの視点にたつ表現の引き出し方<2>」を開催する。保育園でアート教育の研究・実践している椎橋元貴氏が、子どもにのびのびと表現させるにはどうすべきか、子どもに寄り添う視点の大切さを講演する。すでに開催されている同タイトルセミナー<1>に参加していなくても、聴講できる。

 イベントは、どれも事前申込みが必要。申込みは、ビスケット塾「冬のビスケットワークショップ コドモ忘年会」Webサイトの「チケットを申し込む」から行う。

◆冬のビスケットワークショップ コドモ忘年会
日時:12月27日(日)10:00~20:00
会場:渋谷区文化総合センター大和田
【12月27日のサンタクロース】
時間:10:00~12:00
対象:4歳以上
定員:18名
参加費:2,000円
【みんなでつくるビスケットかるた】
時間:13:00~15:00
対象:小学1年生以上
定員:18名
参加費:3,000円(かるた土産代込)
【原田ハカセの「親子で学ぶコンピュータサイエンス入門」】
時間:15:30~17:30
対象:小学3年生以上と保護者
定員:9組
参加費:4,000円(1組)
【げんきせんせいの子どもの視点にたつ表現の引き出し方<2>】
時間:18:00~20:00
対象:大人
定員:18名
参加費:2,000円
※価格はすべて税込表示
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)