被災地支援、Yahoo!「3.11」で検索…1人10円をヤフーが寄付

生活・健康 その他

復興支援特集企画「震災から5年、いま応援できること」
  • 復興支援特集企画「震災から5年、いま応援できること」
  • 「Search for 3.11 検索は応援になる」
 ヤフー(Yahoo! JAPAN)は3月11日午後11時59分まで、Yahoo!検索で「3.11」と検索すると、ユーザーに代わって被災地の復興支援団体へ寄付をする取組みを行う。金額はユーザー1人につき10円。復興支援特集企画のサイト「震災から5年、いま応援できること」も公開している。

 ヤフーは被災地の課題解決に向け、さまざまな取組みを行っている。ユーザーに代わって寄付を行う「Search for 3.11 検索は応援になる」は、3月11日という日に改めて被災地に想いを寄せ、現在の状況を知ってもらうために2014年から実施。検索者数はユニークブラウザー数で集計し、等分割した寄付金を全10団体に寄付する。過去2年間の寄付金額は、2014年に2,568万3,250円、2015年には2,918万2,780円にのぼった。

 復興支援特集企画のサイト「震災から5年、いま応援できること」にて、支援先団体の詳細を紹介している。支援先団体には、若手漁師による次世代漁業環境づくりなど漁業再生支援を行う「フィッシャーマン・ジャパン」、障がい者支援を行う「ドリームプロジェクト」、子どもたちの居場所づくりや学習支援など多岐にわたって活動する「TEDIC」などがある。

 特集サイトでは、ヤフーが行っている復興支援の取組みのほか、被災者や仮設住宅入居者の状況などを伝える「震災復興のいま」、Yahoo! JAPANで検索されたキーワードを分析・可視化した「ビッグデータで知る防災」を公開している。

 ヤフーは今後も、情報技術(IT)を通じて、社会の「課題解決エンジン」として、さまざまな取組みを進めていくという。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)