九州大と鹿児島大、被災法科大学院修了生を受入れ…試験地の変更も

 九州大学法科大学院は4月18日、5月に司法試験を受けるために熊本地震の被災地区から福岡近辺への避難を希望する法科大学院修了生について、一時受入れを行うことを表明。また、鹿児島大学では、熊本大学法科大学院修了生への支援を行うという。

教育・受験 大学生
九州大学法科大学院
  • 九州大学法科大学院
  • 鹿児島大学
 九州大学法科大学院は4月18日、5月に司法試験を受けるために熊本地震の被災地区から福岡近辺への避難を希望する法科大学院修了生について、一時受入れを行うことを表明。また、鹿児島大学では、熊本大学法科大学院修了生への支援を行うという。

 九州大学が対象としているのは、平成28年3月以前に法科大学院を修了した者で、5月に司法試験を受けるために被災地区から福岡近辺に避難することを希望する者。4月18日から5月30日までの期間、九州大学法科大学院法務研究員として受け入れる。九州大学法科大学院棟および別館の自習室、共同学修室、講義室の学習場所として利用できるほか、図書館の利用、九州大学のネットワーク環境へのアクセスといった支援も行う。希望者は九州大学貝塚地区事務部教務課まで連絡のこと。住居についても個別に相談を受け付けるという。

 鹿児島大学が対象としているのは、平成28年4月現在、熊本大学大学院を修了して熊本地震の被災地で司法試験に向けた勉強をしており、鹿児島に実家があるなど鹿児島を基盤として司法試験に向けた学業の継続を希望する者。鹿児島大学法科大学院・司法政策教育研究センターにおいて、平成28年度には無償で鹿児島大学法務学修生と同等の処遇を与えるという。支援の詳細についての問合せは、鹿児島大学法文学部専門職大学院係まで。

 なお、法務省は平成28年の司法試験において、熊本地震の状況を鑑み、福岡市試験地での受験を希望していた受験者について希望試験地の変更を認める措置を表明。試験地の変更手続きは4月27日(消印有効)まで、申請書の提出が難しい場合は法務省への電話による相談も受け付けている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)