いつでも・どこでも・簡単な学習管理システム登場…駿台グループ

教育ICT その他

「学び~と」の利用イメージ
  • 「学び~と」の利用イメージ
  • ビートを刻むようにリズミカルに学べる「学び~と」
 駿台グループのエスエイティーティーは6月1日、ビートを刻むようにリズミカルに学べるeラーニングシステム「学び~と」のサービスを開始する。スマートフォンやタブレットに対応しており、いつでも・どこでも・簡単に学習できる。

 「学び~と」は、いつでも・どこでも・簡単に、テンポよく効率的な学習を可能にするクラウド型の学習管理システム。スライドショー型の教材もシステム上で作成できるなど、オリジナル教材を簡単に作成できるので、企業の社員教育や研修、学校での授業補助などに活用できる。

 スマートフォンやタブレットに対応しており、どんな環境でも学習ができるほか、受講者全体の学習履歴や進捗を簡単に管理できる。また、日本語だけでなく、英語にも対応している。

 利用は登録人数50名から、料金は月額1万円台から利用でき、予算や規模に合わせたプラン選択が可能。クラウド環境での提供となるため、利用者自身でのサーバー管理の手間がかからず、低コストで手軽に始めることができる。

 トライアル申込みをすると、その日から2か月間の試用が可能。トライアルの申込みは6月1日より。「学び~と」は、5月18日~20日に東京ビッグサイトで開催される「第7回教育ITソリューションEXPO(EDIX)」にも出展する。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)