【夏休み2016】プログラミング教室や見学ツアー「子ども統計局見学デー」8/3-5

 総務省は8月3日~5日、小学生を対象とした「子ども統計局見学デー」を開催する。イベントでは、プログラミング教室や統計局の見学ツアーなどを実施する。参加希望者は、7月19日午後5時までにメールで申し込む。

教育イベント 小学生
子どもプログラミング教室(2015年度のようす)
  • 子どもプログラミング教室(2015年度のようす)
  • 子どもプログラミング教室(2015年度のようす)
  • 右:統計局見学ツアー、左:夏休みの自由研究をお手伝い(いずれも2015年度のようす)
 総務省は8月3日から5日まで、小学生を対象とした「子ども統計局見学デー」を開催する。イベントでは、プログラミング教室や統計局の見学ツアーなどを実施する。参加希望者は、7月19日午後5時までにメールで申し込む。

 夏休みイベント「子ども統計局見学デー」は、「統計」を身近に感じてもらうことを目的に開催している。2015年度には「子どもプログラミング教室」を初めて実施し、参加者からは「プログラミングの楽しさ、大切さがわかった」「実際のデータを使用して考えることから、データの活用方法が学べた」などの感想が寄せられたという。2015年度は、3日間で約60名の児童が参加した。

 2016年度もオープンデータ推進の取組みの一環として「子どもプログラミング教室」を開催する。教室では子ども向けのプログラミングキット「Studuino(スタディーノ)」を使い、プログラミングの初歩を学びながら日常に溶け込んでいるデータを可視化していく。

 「統計局見学ツアー」では、普段は見ることができない統計局の内部を見学できるほか、「夏休みの自由研究をお手伝い」と題し、データからわかることや統計的なものの見方を学ぶグループ学習を行う。

 「子どもプログラミング教室」は小学5年生~6年生が対象。定員は各コース15名。「統計局見学ツアー」および「夏休みの自由研究をお手伝い」は小学3年生~6年生が対象。定員は各コース20名。両コースとも、原則として保護者同伴での参加。参加希望者は希望するコースなど必要事項を記入のうえ、7月19日午後5時までにメールで申し込む。申込み人数が定員を超えた場合は、先着順となる。

◆子ども統計局見学デー
申込み期間:7月4日(月)~19日(火)17:00まで
申込み方法:必要事項を記入のうえ、メールで申し込む
※原則として、保護者同伴
※申込み人数が定員を超えた場合、先着順となる
【子どもプログラミング教室】
開催日時:Aコース8月3日(水)10:00~12:00、Bコース8月3日(水)14:00~16:00
対象:小学5年生~6年生
定員:各コース15名
【統計局見学ツアー・夏休み自由研究をお手伝い】
開催日時:8月4日(木)14:00~16:00、Dコース8月5日(金)14:00~16:00
対象:小学3年生~6年生
定員:各コース20名
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)