【Googleと教育3】置き換えより“向上”を…ICT導入の意義とは

教育ICT 未就学児

Googleアジア太平洋地域担当エデュケーションエヴァンジェリストのSuan Yeo(スアン・イェオ)氏
  • Googleアジア太平洋地域担当エデュケーションエヴァンジェリストのSuan Yeo(スアン・イェオ)氏
 教育ICTに関わる業界の裾野は実は幅広く、Googleも2006年から教育分野への進出・取組みを始め、ソフトウェア、ハードウェア、プログラミング教育の3つの分野で教育業界の変革に携わってきた。

 連載第1回・第2回では、業界参入の目的と3つの施策、そして今後Googleが進むべき方向性を掘り下げた。しかしそもそも、教育ICTが整備された環境は、子どもたちの学習に一体どのようなメリットをもたらすものなのか。

 その意義について、オーストラリアやニュージーランドを拠点に、Googleのアジア太平洋地域を担当するエデュケーションエヴァンジェリストのSuan Yeo(スアン・イェオ)氏に聞いた。

《中尾真二》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)