【Googleと教育1】なぜGoogleが? 業界参入の目的と3つの施策

教育・受験 その他

Googleアジア太平洋地域担当エデュケーションエヴァンジェリストのSuan Yeo(スアン・イェオ)氏
  • Googleアジア太平洋地域担当エデュケーションエヴァンジェリストのSuan Yeo(スアン・イェオ)氏
  • Google for Education
  • Google ウェブレンジャー
  • Google Mind the Gap
 教育ICTに関わる業界の裾野は、実は幅広い。自治体、学校、教科書会社、教材メーカーなど伝統的な教育業界に加え、PCやタブレットなどのデバイスメーカー、サービスプロバイダー、アプリベンダー、その他インターネット関連の業界も積極的にこの分野にコミットしている。

 Yahoo!(ヤフー)、Microsoft(マイクロソフト)、そしてGoogle(グーグル)といったITインフラやプラットフォームを提供している企業もその一例だ。このうち、Googleは2006年から教育分野への進出・取組みを始め、グローバルに教育ICT事業を展開しており、教育現場に合わせたサービスや製品を供給している。

 世界的巨大企業が教育分野に進出するようになった理由や目的、その背景とは一体何だったのか。また、現在はどのようなサービスを展開し、今後はどのようなサービスを展開するつもりなのか。

 オーストラリア、ニュージーランドを拠点に、Googleのアジア太平洋地域を担当する、Googleアジア太平洋地域担当エデュケーションエヴァンジェリストのSuan Yeo(スアン・イェオ)氏に、Googleが教育業界へ参入した目的や戦略や背景、どのようなサービスを展開しているのか聞いた。Googleが教育業界へ参入した目的や背景を探ろう。
《中尾真二》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)