「MESH」で安全運転を見える化、キッズワークショップin東大12/10

教育イベント 小学生

MIRAI DRIVE PROJECT
  • MIRAI DRIVE PROJECT
  • MESH
  • CANVAS
 電子タグ「MESH」を活用してクルマ社会の課題を解決する作品をつくるワークショップを、アクサダイレクトやCANVASなどが12月10日、東京大学本郷キャンパスにて開催する。対象は小学3年生から6年生。参加費は無料。

 「MIRAI DRIVE PROJECT」は、テクノロジーの力を活用して安全運転を“見える化”し、未来の安心安全で豊かな社会の実現を目指すアクサダイレクトのプロジェクト。自動車が進化を続けるなか、安全運転や運転する楽しさを大切にする「未来ドライバー」を増やすことを目指している。

 CANVASとライゾマティクスと共催するキッズワークショップでは、人の気持ちを思いやり、より安全なクルマ社会をつくるというテーマのもと、プログラミングなどの専門的な知識やスキルのいらない電子タグ「MESH」を活用し、クルマ社会の課題を解決する作品をつくる。

 身の回りの物とタグを連携させることのできるMESHを使った、自分なりの課題を発見し解決していく視点を育むことも大切にするワークショップだ。申込みは、「CANVAS」Webサイトの申込みフォームより受け付けている。

■MIRAI DRIVE PROJECT キッズワークショップ
日時:2016年12月10日(土)10:00~16:00
会場:東京大学 本郷キャンパス 情報学環・福武ホール 地下2階「福武ラーニングスタジオ」
対象:小学3年生~6年生
定員:25名
参加費:無料
持ち物:昼食・飲み物
申込方法:「CANVAS」Webサイト申込みフォームから申し込む
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)