どの大学? めい大・ひろ大・か大・しん大

教育・受験 大学生

パスナビ投票「『○○大』と言えばどこ?」集計結果
  • パスナビ投票「『○○大』と言えばどこ?」集計結果
  • 大学受験パスナビ
 旺文社の受験ポータルサイト「大学受験 パスナビ」では、略称を聞いて思いつく大学の正式名称について、Webサイトでアンケートを実施した。「めい大」といえばどこかという質問では、名古屋大と明治大にほぼ二分され、僅差だった。

 パスナビのアンケート「パスナビ投票」では、「めい大」「ひろ大」「か大」「しん大」という4つの略称を聞き、それぞれ思いついた大学の正式名称を記入してもらう形で回答を集めた。4月28日から5月19日にかけて実施し、回答数は514件。

 「めい大」と言えばどこかとの質問の回答では、名古屋大学が43.6%、明治大学が43.4%となり、ほぼ同数。なし・無記入は7.6%で、2校で回答の9割近くを占めた。

 「ひろ大」といえばでは、広島大学76.1%となり、続く弘前大学7.6%に大差を付けた。なし・無記入は15.0%だった。

 「か大」といえばでは、鹿児島大学が17.7%、香川大学が11.9%、神奈川大学が2.3%の順だったが、もっとも多い回答は、なし・無記入61.1%だった。

 「しん大」といえばでは、信州大学48.1%がもっとも多く、神戸大学24.1%、新潟大学5.1%と続く。なし・無記入は20.2%だった。

 また、旺文社教育情報センターでは、アンケート結果を回答者の地元別に比較している。全体では回答を二分した「めい大」だが、地元が愛知県の回答者では「名古屋大学」が91.7%と圧倒的。地元が東京都の回答者では「明治大学」が52.5%と半数を超えたという。

 アンケート上位の大学は、大都市圏を地元とする人から多くの回答を得る傾向があった。一方、「ひろ大」の弘前大学、「か大」の香川大学、「しん大」の新潟大学などは、それぞれの地元やその周辺の地域から多くの回答を集めていた。

 パスナビ投票の集計結果はWebサイト「パスナビ」、地域性と比較した結果は、Webサイト「旺文社教育情報センター」にて確認できる。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)