3分で伝授、Swift Playgroundsほか教育ICTの利活用術…iTeachers TV夏休み企画

教育ICT 先生

【2017夏休みSP】夏休み特別企画 3ミニッツ祭り(第1回):iTeachersTV ~教育ICTの実践者たち~ (画像は動画の一部)
  • 【2017夏休みSP】夏休み特別企画 3ミニッツ祭り(第1回):iTeachersTV ~教育ICTの実践者たち~ (画像は動画の一部)
 iTeachers TVは2017年の夏休み期間中、通常の放送内のレギュラーコーナーに特化した特別企画「夏休み特別企画 3ミニッツ祭り」を放送中。教育現場で役立つICT、アプリ情報を伝授する。特別企画第2弾は8月16日公開予定。最終回の第3弾は8月23日の公開を予定している。

 iTeachers TVは、教育関係者らが立ち上げた教育者チーム「iTeachers」が提供するインターネット動画。教育ICTを通じて子どもたちに「新しい学び」を提案することをコンセプトに、現場で活躍する教員や塾・企業、教育委員会など、教育に携わる者を招き、YouTube上で教育ICT活用方法を紹介する。

 動画は通常、先駆者による講義を収録した本編と、「教育ICTなんでも3ミニッツ」と題したコーナーによる2部構成。夏休み特別企画ではこの「3ミニッツ」を重点的に取り上げ、今すぐ使える教育ICTや導入のヒント、アプリ情報などを紹介する。

 8月9日に公開された夏休み企画第1弾には、聖徳学園中学・高等学校の品田健氏、千葉県立千葉工業高校の片岡伸一氏、玉川大学3年生の平田結梨香さんが登壇。

 品田氏は「生徒の主体性を引き出すICT活用」として、授業設計や計画だけでなく、教員が「それ、僕もわからないな」と、生徒と一緒に考える良質な授業を展開するコツを伝授。教師用のガイドが付いた「Swift Playgrounds」を用いた授業方法を取り上げる。

 片岡氏の3ミニッツは、先生独自の「オリジナルプリント」教材がテーマ。iPadを導入済みの教育現場に向け、Appleのアプリ「クラスルーム2.0」を用いた授業方法を紹介する。教員と児童・生徒が準備すべき内容と操作方法を具体的に述べ、PDFに落とし込んだカラーのオリジナル教材を使って、どのような授業を展開すれば良いかアドバイスする。

 第1弾の最後には、iTeachers TVの司会を務める玉川大学・小酒井正和氏のゼミに所属する平田さんも登壇。英語嫌いだったという、平田さん自身にまつわる教育エピソードに触れながら、教育ICTを活用した英語教育論を展開する。学生ならではの視点から語学学習アプリ「Duolingo」を取り上げ、先生と児童・生徒が楽しみながら学習を継続する方法を問う。

 8月16日の第2弾には、前・古河市教育委員会指導課長、現・情報通信総合研究所の平井聡一郎氏とCoaidoの小澤貴裕氏、玉川大学の小酒井正和氏が登壇予定。動画はすべてiTeachersのYouTubeチャンネルで視聴できる。過去動画もすべてアーカイブされているため、興味を持った回からのぞいてみるとよいだろう。

 iTeachers TVは通常毎週水曜日夜、YouTube内で「iTeachersTV ~教育ICTの実践者たち~」シリーズの新作を発表している。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)